HP内の目次へ・検索もできます! 『祇園祭京都の夏を彩る祭礼』 -祇園祭の映像- 放映:2020年7月31日まで

15839号    15845号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15844号 2020年7月11日
『祇園祭京都の夏を彩る祭礼』
-祇園祭の映像-
放映:2020年7月31日まで
『祇園祭京都の夏を彩る祭礼』 -祇園祭の映像- 放映:2020年7月31日まで
朝日放送テレビの「ABCイベント公式チャンネル」で祇園祭の映像を期間限定で公開しています。
●「京都祇園祭 山鉾行事」(約12分)
・映像はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=EdqdFfWbkdI&feature=youtu.be



●「祇園祭 懸装品の美」(約5分)
・映像はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=YfWjHTwu9b4&feature=youtu.be



●「祇園祭 イメージショット」(約2分)
・映像はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=AuAe5kyLZcw&feature=youtu.b
祇園祭の源泉は、遠く1000年以上前の平安時代初期にさかのぼり、都の安寧を脅かす疫神の退散を願った祭儀に由来するとされています。それから幾多の年月を経ていく中で、祭礼にはさまざまな変化がもたらされますが、今からおよそ700年前には山や鉾の姿が祇園祭に登場するようになります。祇園祭の行列をにぎやかな踊りや音曲で囃し、美しい装飾が施された山や鉾が往来する様相は、沿道に繰り出す観衆を大いに熱狂させました。その担い手となったのは、後に町衆と総称される都の経済を支えた商工業者たちでした。彼らの情熱は祇園祭の山鉾巡行をより盛大なものへと成長させていき、現在の祭礼の姿ヘと連なる礎を作り上げていったのです。
この展覧会では、日本を代表する祭りとして世界に認められた京都祇園祭について、懸装品・飾金具・古文書・絵画資料など100点以上の資料を展観し、山鉾を彩る華麗な装飾を紹介します。
ここに結集した山鉾の美をお楽しみください。
詳しくは:
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special_post/gionmatsuri2020-2/



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533