HP内の目次へ・検索もできます! 特別展 『天目―中国黒釉の美』

15719号    15730号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15723号  2020年5月30日
特別展 『天目―中国黒釉の美』 特別展 『天目―中国黒釉の美』

日時:令和2年6月2日(火)~令和2年11月8日(日)
※6月2日から当面の間、10:00~16:30(入館16:00)

※展覧会終了日を8月16日から11月8日に延期いたしました。
休館日:月曜日(8月10日、9月21日は開館)、8月11日(火)、9月23日(水)
場所:大阪市立東洋陶磁美術館・I室
入館料:一般1,400円(1,200円)、高校生・大学生700円(600円)
※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)、 大阪市内在住の65歳以上の方は無料(証明書等提示) ※上記の料金で館内の展示すべてをご覧いただけます。
主催:大阪市立東洋陶磁美術館
共催:NHK大阪放送局、NHKエンタープライズ近畿
国宝・油滴天目 こくほう・ゆてきてんもく
南宋時代・12~13世紀/建窯
高7.5cm、口径12.2cm
大阪市立東洋陶磁美術館
(住友グループ寄贈/安宅コレクション)
撮影:西川茂
日本には数多くの中国製の天目(茶碗)が伝世しています。なかでも近年国内外で話題となっている曜変天目と油滴天目は中国宋時代に建窯でつくられた黒釉茶碗の最高峰で、当館には日本伝世の油滴天目で唯一国宝に指定されている作品が所蔵されています。
本展では、中国陶磁の歴史において、重要な系譜の一つである天目をはじめとする黒釉陶磁にスポットをあて、当館所蔵品に個人所蔵の作品を加えた唐時代から宋・金時代の作品計24点により、中国黒釉の世界とその美に迫ります。なお、同時開催の特集展「現代の天目―伝統と創造」では、近現代の作家による天目作品を通して、伝統と創造による天目の多彩な表現をご紹介します。
同時開催:[特集展]現代の天目―伝統と創造 [コレクション展]
安宅コレクション中国陶磁・韓国陶磁、李秉昌コレクション韓国陶磁、日本陶磁、沖正一郎コレクション鼻煙壺。  
詳しくは:
http://www.moco.or.jp/exhibition/upcoming/?e=563
お問い合せ先:大阪市立東洋陶磁美術館
TEL:06-6223-0055 FAX:06-6223-0057



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533