HP内の目次へ・検索もできます! 西国三十三所 草創1300年記念 『特別展 聖地をたずねて』 -西国三十三所の信仰と至宝-

15698号    15706号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15703号 2020年5月23日
西国三十三所 草創1300年記念
『特別展 聖地をたずねて』
-西国三十三所の信仰と至宝-
西国三十三所 草創1300年記念 『特別展 聖地をたずねて』 -西国三十三所の信仰と至宝-
会期変更:2020年7月23日(木・祝)~9月13日(日)9:30~18:00
入館は閉館の30分前まで ※金・土曜日の夜間開館は中止。
休館日:月曜日(ただし8月10日は開館)
※会期中,一部の作品は展示替を行います。
場所:京都国立博物館 東山七条 平成知新館
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
観覧料:一般1,600円(1,400円)大学生1,200円(1,000円)高校生700円(500円)
※( )内は20名以上の団体料金。
※中学生以下は無料です。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は,観覧料が無料になります。
 身体障害者手帳,療育手帳,精神障害者保健福祉手帳,戦傷病者手帳,被爆者健康手帳
※大学生・高校生の方は学生証をご提示ください。
主催:京都国立博物館,西国三十三所札所会,読売新聞社
巡礼路の総距離は約1000キロメートルに及び,和歌山,大阪,兵庫, 京都,奈良,滋賀,岐阜と近畿圏を包括するように伸びています。長きに わたり,日本の首都であり,文化の中心地である京都に三分の一の霊場 が集中していることから,観音信仰と巡礼の文化は全国に広がりました。
西国三十三所草創から1300年。これを機としてゆかりの深い京都 の地で,特別展を開催いたします。今もなお,老若男女,国籍を問わず, 人々をひきつける巡礼の魅力を,美しい観音菩薩の姿や各札所の寺宝を 通じてご紹介します。観音信仰とともに守り伝えられてきた至宝の数々 をご堪能ください。
(京都国立博物館)
詳しくは:
https://saikoku2020.jp/



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533