HP内の目次へ・検索もできます! 『おうち時間を楽しむ庭 子庭庵 雜部鉱平(ぞうべ こうへい)』

15658号    15672号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15668号 2020年5月10日
『おうち時間を楽しむ庭
子庭庵 雜部鉱平(ぞうべ こうへい)』
PDF『おうち時間を楽しむ庭 子庭庵 雜部鉱平(ぞうべ こうへい)』
 
大龍堂書店店頭展示小庭40×40×30㎝            芝生作品
「原風景」それはどんな住まいや暮らしで育まれ、心に残るのか。
私の場合、近所に公開されていた遊び心豊かな茶庭で遊んだ記憶がそれだと思います。
庭師の仕事をする中で、現代の住まいや暮らしにおいても「遊び心」は非常に重要なファクターでではないかと私は感じています。
水が無限の造形物であることを子どもから教わりました。水の流れる音は石の隙間で反響して良い心地です。
目の届く場所で楽しく遊んでくれる。笑顔がまぶしい、庭から笑い声が響きます。
子どもが成人した後の変化にも対応できるデザイン、木々の隙間からさりげなく垣間見せる「いわしみず」の庭。サイズや石の色もカスタマイズできます。
「無用の用」の日本庭園の技法に「体感」を加えることにより、現代の住まいや暮らしに受け入れられやすい庭になると考えています。
雜部 鉱平(ぞうべ こうへい)
1987年6月28日生まれ、兵庫県尼崎市出身 2010年相愛大学卒業 卒業後住宅メーカーに就職するも退社。会社員の時に“庭がある住まいは暮らしを豊かにしていく”と気づき、計6年間京都の西植造園と株式会社ナカミチで庭師として修行。その後「子庭庵」を開業。一児の父。造園においては造り込み過ぎず、ライフステージにより住む人の感性と生活の変化に合わせて造り変えられるデザインを心がけ、日常生活・家事のしやすさを優先することが大事だと考えています。体感する石組み「いわしみず」は子どもにも好評です。子どもの創造力や遊び心には学ぶことが多いと感じています。
「いわしみず」の庭の詳細はブログに掲載しています。ぜひご覧ください。
子庭庵
http://koniwa-an.jp/
お問合せ先:子庭庵(こにわあん)
庵主 : 雜部 鉱平(ぞうべ こうへい)
所在地 :〒603-8082 京都府京都市北区上賀茂岡本口町  ドミールカンザカA-103
Phone : 080-9168-4128
info@koniwa-an.jp



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533