HP内の目次へ・検索もできます! 春季特別展 『あんびるやすこ作品展』

15598号    15607号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15606号 2020年4月11日
PDF春季特別展 『あんびるやすこ作品展』 春季特別展
『あんびるやすこ作品展

日時:2020年4月4日(土)~2020年5月17日(日)
 9:30~18:30(入館は18:00)

休館日:会期中無休
場所:明石市立文化博物館
 1階特別展示室及び2階ギャラリー
〒673-0846 明石市上ノ丸2-13-1
観覧料:大人1,000円(800円)、大高生700円(560円)、中学生以下無料
※20名以上の団体は2割引
65歳以上の方、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示の方 (介護が必要な場合は介護者も)は半額 シニアいきいきパスポート提示で無料
主催:明石市立文化博物館、神戸新聞社
後援:兵庫県、兵庫県教育委員会、明石市教育委員会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、
   公益財団法人明石文化国際創生財団、一般財団法人兵庫県学校厚生会、
   サンテレビジョン、ラジオ関西、明石ケーブルテレビ
協力:岩崎書店、講談社、チャイルド本社、ひさかたチャイルド、ポプラ社、明石市立図書館
企画制作:オフィス渋谷
「なんでも魔女商会」「ルルとララ」「魔法の庭ものがたり」「ムーンヒルズ魔法宝石店」シリーズなどの原画約100点を展示。おさいほう魔女のシルクと召使いねこコットン、人間の女の子ナナが活躍する「なんでも魔女商会」ふたりの小学生の女の子が店長さんをつとめる、森の小さなお菓子屋さんが舞台の「ルルとララ」ハーブ魔女の家と庭、そして薬草のレシピブックを相続した人間の女の子ジャレットが主人公の「魔法の庭ものがたり」、いずれもシリーズ20巻をこえるミリオンセラーの、お話と絵の両方を手がけている、児童文学作家のあんびるやすこさん。作家生活30周年をむかえた2018 年に、新作「ムーンヒルズ魔法宝石店」シリーズの刊行も始まりました。小学生の女の子から絶大な人気を集める作品の魅力は、「魔法」や「ドレス」「お菓子作り」「ハーブ」「ジュエリー」といったテーマで繰り広げられる、はなやかでかわいい物語の世界。かざり立てることなく自然に語られる、思いやりや頑張ることの大切さ。大事なことに気づく登場人物とともに、読者自身も成長していけること。 ̶̶そんなたくさんの魅力にあふれた作品たちは「なんでも魔女商会」シリーズが始まってから15年がたつ現在でも変わらずに愛され続けています。
本展では約100点の原画をはじめ、登場するキャラクターの紹介や、制作の過程がうかがえるスケッチ、あんびるさん愛用の道具などを展覧します。かわいい「あんびるワールド」のみんなに会える展覧会に、ぜひおこしください。
詳しくは:https://www.akashibunpaku.com/
お問い合わせ先:明石市立文化博物館
TEL:078-918-5400



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533