HP内の目次へ・検索もできます! コレクション企画展示 『小磯・ポーズ・デッサン』 -Koiso Pose Dessin-

15581号    15595号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15590号 2020年4月3日
コレクション企画展示 『小磯・ポーズ・デッサン』 -Koiso Pose Dessin-コレクション企画展示
『小磯・ポーズ・デッサン』
 -Koiso Pose Dessin-


日時:2020年4月10日(金)~7月12日(日)
    10:00~17:00(入館16:30)

休館日:毎週月曜日、5月7日(ただし5月4日(月・祝)は開館)
場所:神戸市立小磯記念美術館
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中5-7
 (六甲アイランド公園内) TEL:078-857-5880
交通:JR住吉駅・阪神魚崎駅のりかえ
 六甲ライナー「アイランド北口(小磯記念美術館前)」駅
(JR住吉駅から7分、阪神魚崎駅から5分)下車西へ徒歩すぐ
※地下には市営駐車場(30分100円)があります。
入館料:一般:200円(160円)、大学生:100円(50円)
※高校生以下は無料(学生証、生徒手帳などを持参ください)
※( )内は30名以上の団体料金
※神戸市在住の65歳以上の方は無料
(住所と年齢が証明できるものを持参ください)
※障がい者手帳など持参の方は無料
※神戸ゆかりの美術館、神戸ファッション美術館の当日券(半券)をお持ちの方は割引を受けられます。
主催:神戸市立小磯記念美術館
洋画家・小磯良平(1903-1988年)は「デッサンの画家」と称されることがあります。これは、レンズのような眼でモデルやモチーフの形を瞬時に捉え、その量感までも描きとる卓越した素描力こそ、小磯作品の魅力であることを語っていますが、加えて小磯が自身の制作にとどまらず研究や娯楽としての作品鑑賞や後進の指導など様々な場面で“デッサン狂”であったことも、この名称が付けられた理由のひとつかもしれません。元々“デッサン狂”はエドガー・ドガの批評本として知られるポール・ヴァレリー著『ドガ・ダンス・デッサン』において、ヴァレリーが彼の性質を的確に表した言葉として登場します。小磯は特にドガのデッサンを愛し、また制作においても大きな影響を受けていました。
本展では、小磯も愛読したという『ドガ・ダンス・デッサン』に因み、小磯が長きにわたる画業で残してきた多彩なデッサン群を、選りすぐってご紹介します。
※同時開催:《婦人像》受贈記念 小磯良平作品選 I
お問合せ先:神戸市立小磯記念美術館
KOBE CITY KOISO MEMORIAL MUSEUM OF ART
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中5-7(六甲アイランド公園内)
TEL:078-857-5880
詳しくは:
http://www.city.kobe.lg.jp/koisomuseum/



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533