HP内の目次へ・検索もできます!  『京都のモダニズム建築に魅入られて』 -特別見学会 公開講座 国立京都国際会館-

15482号    15489号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15484号 2020年2月21日
PDF『京都のモダニズム建築に魅入られて』 -特別見学会 公開講座 国立京都国際会館-

『京都のモダニズム建築に魅入られて』
-特別見学会 公開講座 国立京都国際会館-


日時:2020年3月7日(土)13:00(受付12:30)
日時:2020年3月7日(土)13:00(受付12:30)
【館内ツアー】13:00~
定員:75名[先着順] 
建築とインテリアの魅力をナビゲーターの解説で館内を巡ります。
【対談】14:00~
会場:メインホール14:00~『空間の原点』ー大谷幸夫と剣持勇をめぐつてー
講師:山本数則(大谷研究室)松本哲夫(剣持デザイン研究所) 
[進行]高岡伸(近畿大学建築学部准教授)
【映画上映】15:45~
『空間の創造』 ─建設記録映像の特別上映
【座談】16:15~17:00
『空間の情熱』─つくる情熟とつかう情熱
[初期施工業者]
藤原和寛(大成建設OB)田熊信弘(京都国際会館OB)山田政和(京都国際会館施設部)
[進行]高岡伸一、岩田雅希、井上タツ子、川原由美子、阪口大介(BMCメンバー)
【クロージングパーティー】
会場:宴会場グリル
17:30~19:00
日本初の国際会議場にして、モダ二ズム建築の傑作。この逆台形と台形を組み合わせた複雑な構造体が高度経済成長期の過剰な情熱によって完成した世紀の大建築であることは、あまり知られていない。
大谷幸夫が、戦後の公開コンペで最優秀作品に選ばれ、亡くなるまで生涯かかわり続けた胸はずむ大空間。全工事費の1%を芸術との協同に充てられた空間には剣持勇の家具が、会館の複雑な空間の中に散りばめられ、訪れるたびに新たな発見がある。大谷幸夫と剣持勇の右腕であった山本敬則氏(大谷研究室)、松本哲夫氏(剣持デザイン研究所)の対談や建設当時の記録映像を上映するほか、初期施工に携われた方々をお招きしてBMCメンバーがお話しを聞く。
ご参加申込書締切日:2020年3月2日(月)
参加ご希望の方は必要事項をご記入の上、FAXまたはメールでお申し込みください。
FAX:075-705-1223
mail: gom@icckyoto.or.jp
ご記載項目:お名前・ふりがな: TEL: FAX:
ご参加項目にチェックをしてください。
口特別見学会先着順[無料]受付12:30 開始13:00~
口公開講座[無料]受付13:30 開始14:00~
ロクロージングパーテイー(ビュッフェスタイル)
[会費制5,000円]
16:15~19:OO
※当日.受付にて現現金でお支払いください。
万が一送信できない場合はお電話でお問い合わせください。
ご記入いただきました個人情略は厳重に管理し当イベント以外の目的には便用いたしません。
※同伴者かいらつしゃる場合は、各畷目の人数をご記入ください。
※パーティー会費の領収書が必要な方は、お宛名をご記入ください。
公益財団法人 国立京都国際会館
お問合せ先:TEL:075-705-1205 (平日9:00~17;00)
詳しくは:PDFチラシをご覧ください。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533