HP内の目次へ・検索もできます!  アニメ化30周年記念企画 『ちびまる子ちゃん展』

15390号    15397号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15391号 2020年1月17日
PDFアニメ化30周年記念企画 『ちびまる子ちゃん展』 アニメ化30周年記念企画
『ちびまる子ちゃん展』

日時:2020年2月7日(金)~3月2日(月) ※会期中無休
 10:00~20:00 入館閉館30分前

※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
        ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
TEL:075-352-1111(大代表)
入館料:一般900円(700円) 高・大学生700円(500円) 小・中学生500円(300円)
※( )内は前売および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者さま1名さまの料金。
主催:美術館「えき」KYOTO、関西テレビ放送
特別協力:さくらプロダクション、日本アニメーション
企画制作:東映
1986年、少女マンガ雑誌『りぼん』(集英社)で連載が開始した「ちびまる子ちゃん」は、1990年にアニメ放送が始まり、2020年に放送開始30周年を迎えます。明るくてユーモアがあるまるちゃんと仲間たちが繰り広げる日常を描き、放送時間帯である日曜夕方のお茶の間は笑いで包まれています。1990年、エンディング曲『おどるポンポコリン』はミリオンセールス、そして日本レコード大賞受賞、放送もアニメ部門過去最高視聴率39.9%(1997年以降の測定に基づく/関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録し、国民的アニメとなりました。
本展では、セル画、スケッチ画、絵コンテ、映像など約350点を展示し、アニメ制作の裏側を紐解きます。また、2018年に急逝された原作者さくらももこ先生の直筆脚本やキャラクター設定資料、プライベート作品なども展示し、アニメへの想いや日々の暮らしに迫ります。
まるちゃんと仲間たち、そしてさくら先生への愛があふれる会場で、アニメ化30周年をお祝いしましょう。
[イベント情報]
『ちびまる子ちゃんがやってくるよ~!』
【オープニング】
展覧会初日朝、ご来館の皆さまをお迎えします。
日時:2020年2月7日(金) 10:00~10:30
場所:7階=美術館入口
【ちびまる子ちゃんと記念撮影会】
日時:2020年2月7日(金)・8日(土)/各日①11:30から ②14:00から
場所:7階=美術館・南エレベータ前
参加方法:開催当日10:00より、本展図録をお買いあげの方、各回先着40名さまにその日の参加券をお渡しします。
※本展物販コーナーで図録をお買いあげの方に参加券をお渡しします。
※参加券1枚で1回限り。グループでのご参加も可能です。
※物販コーナーは無料でご入場いただけます。
※お手持ちのカメラ、又はスマートフォンなどをご用意ください。
※撮影は当館スタッフが行います。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533