HP内の目次へ・検索もできます!  『まちづくりセミナー『PUBLIC HACK』著者・笹尾和宏さん登壇』 [関連書籍]

15384号    15390号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15385号 2020年1月16日
『まちづくりセミナー『PUBLIC HACK』著者・笹尾和宏さん登壇』 [関連書籍] 『まちづくりセミナー
 『PUBLIC HACK』
  著者・笹尾和宏さん登壇』


日時:2020年2月1日(土)14:00~16:00
場所:富山市図書館本館(TOYAMAキラリ)
    3階セミナールーム
〒930-0062 富山市西町5番1号
 TEL: 076-461-3200(代表)
参加費:無料
定員:50名(当日先着順)
主催:富山市図書館本館
PUBLIC HACKでまちの価値が高まる昨年出版しました『PUBLIC HACK─私的に自由にまちを使う』(笹尾和宏著)。「公共空間の過度な活性化でまちは窮屈になっていないか?」と問いかけ、「公共空間において個人が自分の好きなように過ごせる状況が実現する」方法を説いた本書はご好評をいただいており、各地で著者の笹尾和宏さんの講演会が開催されています。来月、富山市図書館で開催される「まちづくりセミナー」では「PUBRIC HACKでまちの価値が高まる」と題して、さまざまな事例を交えながら、まちの価値を高める公共空間の使い方をお話いただきます。
詳細:
https://i.r.cbz.jp/cc/pl/qkff7759/29jpp9u1qww2/lmu8ctl9/
[ゲストプロフィール・笹尾和宏]
水辺のまち再生プロジェクト事務局。1981年大阪生まれ。大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻、経済学研究科経営学専攻修了。ともに修士。2005年から水辺のまち再生プロジェクトに参画し、大阪市内の河岸空間や橋の上、河川水域を活用したイベントを数多く実施。近年は、水辺をはじめ路上や公園、公開空地などの公共空間に視野を広げ、「自由使用」の視点にたった生活目線の実践・提案を行う。2007年株式会社大林組に入社、不動産開発・コンサルティングに従事。2015~2018年に出向、エリアマネジメントに従事。2017年よりNPO法人とんがるちから研究所研究員。地域の担い手育成のための調査・研究、演習を行う。

[関連書籍]
『PUBLIC HACK ─私的に自由にまちを使う』
著:笹尾和宏
発行:学芸出版社
定価:(本体2,000円+税)四六・208p
過度な活性化とルールに縛られた公共空間を解きほぐし、公民連携の課題を解決するノウハウ、アクティビティ+マネジメント実践集。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533