HP内の目次へ・検索もできます!  四天王寺 令和2年 新春名宝展 『聖徳太子の姿』

15312号    15323号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15318号 2019年12月20日
PDF四天王寺 令和2年 新春名宝展 『聖徳太子の姿』四天王寺 令和2年 新春名宝展
『聖徳太子の姿』

日時:2020年(令和2年)1月1日(水)
    ~2月9日(日)8:30~16:00

 (但し、1月21日は8:00~16:30)
 (入館は閉館20分前まで)※会期中無休
場所:四天王寺宝物館(四天王寺内)
〒543-0051 大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
拝観料:一般500円、高校・大学生300円、
     中学生以下無料
団体割引(30名以上)一般300円、
        高校・大学生200円
主催:総本山 四天王寺
「聖徳太子(厩戸皇子)」と聞いて、どのような姿を思い浮かべるでしょうか。
現代を生きる私たちにとって、そのイメージの元となるのは日本史の教科書や紙幣に描かれていた姿ではないでしょうか。一方、日本各地に伝来する「聖徳太子像」を通観すると、その容姿は様々であり、特に江戸時代までは現在のイメージと異なる太子像が一般的に知られていたことがわかります。
本展では聖徳太子の「姿」に着目し、人々に定着していく媒体ともなった太子信仰関連の作品群とともにご紹介いたします。
また同時開催といたしまして、国宝 扇面法華経冊子(1月14日まで)、国宝 懸守の特別公開のほか、重要無形民俗文化財「聖霊会の舞楽」所用具修理新調事業の実施を記念いたしまして平舞装束「半臂」を、天王寺舞楽の伝統とともに紹介いたします。
お問い合わせ先:総本山 四天王寺 勧学部 文化財係
〒543-0051 大阪市天王寺区四天王寺1丁目11-18 四天王寺内
TEL:06-6771-0066 FAX:06-6773-4921
http://www.shitennoji.or.jp/



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533