HP内の目次へ・検索もできます!  コレクション特集展示 『ジャコメッティと Ⅰ』

14697号    14705号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻14698号 2019年5月3日
PDFコレクション特集展示 『ジャコメッティと Ⅰ』 コレクション特集展示
『ジャコメッティと Ⅰ』


日時:2019年5月25日(土)~8月4日(日)
10:00~17:00 (入場16:30)

金曜日・土曜日は20:00まで(入場19:30)
※7~9月の金曜・土曜は21:00(入場20:30)
休館日:月曜日
 (ただし、7月15日(月・祝)は開館し、翌日休館)
場所:国立国際美術館
〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55
 TEL:06-6447-4680(代)
観覧料:一般430円(220円) 大学生130円(70円)
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下・18歳未満・65歳以上無料(要証明)・心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
※本展は同時開催の「抽象世界」の観覧券でご観覧いただけます。
夜間割引料金:(対象時間:金曜・土曜の17:00以降)
  一般250円 大学生70円
無料観覧日:2019年6月1日(土)7月6日(土)8月3日(土)
主催:国立国際美術館
協賛:ダイキン工業現代美術振興財団
アルベルト・ジャコメッティ(1901-66)のブロンズ彫刻《ヤナイハラ Ⅰ》(1960-61)の収蔵を記念してコレクション特集展示ジャコメッティと Ⅰ」を開催します。
20世紀最大の彫刻家であるジャコメッティの研究において哲学者・矢内原伊作(1918-89)の存在はとても大きなものです。矢内原は1956年から1961年の間に繰り返し渡仏し、そのモデルを務めました。しかし、矢内原をモデルとしたブロンズ彫刻のうち完成に至ったのは二作品のみで、すべての鋳造を合わせても七体しか現存していません。そのうちの一つが、2018年に国立国際美術館のコレクションに加わりました。当館では油彩画《男》(1956)を2013年に収蔵しており「見えるものを見えるとおりに」表現するべく、ジャコメッティが人生を賭して取り組み続けた絵画と彫刻の両方を観ることができます。
本展では当館のコレクションに加え、神奈川県立近代美術館、石橋財団ブリヂストン美術館、富山県美術館、国立西洋美術館の所蔵作品をお借りし、ジャコメッティと矢内原の世界に迫ります。また、矢内原がモデルを務める間に書き留めた手帖に加えて、パリなどで撮影した写真を全て公開します。合わせて、ジャコメッティが生きた時代を中心に、絵画や彫刻による人物像の表現も所蔵品よりご紹介します。
[関連イベント]
・ギャラリー・トーク
日時:2019年6月8日(土)14:00~
場所:B2階 展示室
参加費:無料(要観覧券)、開始30分前から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出します(先着90名)

・講演会
講師:武田昭彦(美術評論家)

日時:2019年6月22日(土)14:00~
場所:B1階 講堂
参加費:無料
定員:先着130名
ジャコメッティのモデルとなった哲学者・矢内原伊作の教え子である武田氏はジャコメッティと矢内原に関連する書籍の編集・執筆に数多く携わりました。本講演では、矢内原直筆の手帖(本展示に出品)を長年にわたって調査・整理したご経験をもとにお話をいただきます。この手帖は『完本 ジャコメッティ手帖Ⅰ・Ⅱ』としてみすず書房より出版され、またフランスにおいては矢内原のエッセイ「ジャコメッティとともに」などをまとめた仏訳本2冊(アリア出版)の企画に携わり、ジャコメッティ研究の大きな前進を導きました。

・上映会
「ジャコメッティ 最後の肖像」(2017年、イギリス、90分)

日時:2019年7月13日(土)・14日(日)14:00~
場所:B1階 講堂
参加費:無料
定員:先着130名

・ギャラリー・トーク
〈プレミアムフライデー企画〉

日時:2019年7月26日(金)18:00~
場所:B2階 展示室
参加費:無料(要観覧券)開始30分前から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出します(先着90名)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533