HP内の目次へ・検索もできます! 2019年度企画展Ⅰ 『企画展にみる10年の成果 美術館を紡いだ作家たち』

14632号    14640号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻14639号 2019年4月15日
2019年度企画展Ⅰ 『企画展にみる10年の成果 美術館を紡いだ作家たち』
2019年度企画展Ⅰ
『企画展にみる10年の成果
   美術館を紡いだ作家たち』


日時:2019年4月9日(火) ~ 2019年6月16日(日)
 10:00~18:00(入館17:30)

休館日:月曜日
 (※但し4/29、5/6は開館、4/30、5/7は休館)
場所:BBプラザ美術館
〒657-0845 神戸市灘区岩屋中町4-2-7 BBプラザ2F
 TEL:078-802-9286
入館料:一般400円(320円)大学生以下無料 65歳以上の方半額
※前期展示のチケット半券提示により、後期展は無料でご覧いただけます。※( )内は20名以上の団体料金
主催:BBプラザ美術館、株式会社シマブンコーポレーション
後援:神戸市、神戸市教育委員会、朝日新聞神戸総局、神戸新聞社、産経新聞社、日本経済新聞神戸支社、毎日新聞神戸支局、読売新聞神戸総局、サンテレビジョン・ラジオ関西
BBプラザ美術館は、2019年7月7日に開館10周年を迎えます。
当館は開館当初より“館蔵品と関わる作家”や“人間性の回復”をテーマに企画を行うという方針のもと、日本画、洋画、彫刻といったジャンルを問わずその創作姿勢に精神性を湛えた作家の展覧会をひとつずつ積み重ねてまいりました。
本展覧会では、これまでに開催した企画展の作家による作品を、開催年順に二期(前期:2009-2013後期:2014-2018)に分けて展示し美術館の10年の歩みを振り返ってみたいと思います。
個性豊かな作家たちにより紡ぎだされた展覧会の軌跡を通観するとともに今後の美術館活動の新たなる展開へ踏み出す契機となればと願っています。
開催年順に二期に分けて展示いたします。
【前期:2009年-2013年 4/9(火)~5/12(日)後期:2014年-2018年 5/14(火)~6/16(日)】
[出品作家名]
前期:網谷義郎・石井一男・上前智祐・菅井汲・須田剋太・髙山辰雄・辰野登恵子・西村功・吉見敏治
後期:植松奎二・JUN TAMBA・須飼秀和・高橋信夫・辰野登恵子・中辻悦子・長谷川三郎・堀尾貞治・元永定正 (50音順)
[関連プログラム・イベント]
①講演会
『見えないドローイング
  私にとってドローイングとは何か ドローイングの意味と表現の可能性』

日時:2019年6月2日(日)14:00-15:30(開場13:30)
講師:植松奎二(彫刻家)
場所:シマブンビル13F会議室1
定員:60名 参加無料(全席自由)

②コンサート
『BB Plaza Museum of Art CONCERT vol.11 パリャーソ Meets Art』

日時:2019年6月7日(金)19:00~20:15(開場18:30)
出演:パリャーソ(ピアノ:谷川賢作、ハーモニカ:続木力)
入場料:2,000円(展覧会観覧料含む)
場所:BBプラザ美術館展示室
定員:80名 予約制(全席自由)
協力:おーらいレコード

ご予約・お問合せ:BBプラザ美術館 TEL:078-802-9286



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533