HP内の目次へ・検索もできます!  記念シンポジウム 『テーマ:「宮脇檀の人と建築を語る」』  『宮脇檀 手が考える・建築家・宮脇檀のドローイング展 巡回展in京都』

14627号    14632号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻14631号 2019年4月13日
PDF記念シンポジウム 『テーマ:「宮脇檀の人と建築を語る」』  『宮脇檀 手が考える・建築家・宮脇檀のドローイング展 巡回展in京都』
記念シンポジウム
『テーマ:
 「宮脇檀の人と建築を語る」』


日時:2019年4月20日(土) 14:00~17:00
場所:京都工芸繊維大学 60周年記念館1階ホール
〒606-0966 京都市左京区松ケ崎正田町19
定員:180名
入場:無料(当日先着順)
主催:京都工芸繊維大学
[パネリスト]
松家仁之(小説家、編集者)
堀部安嗣(建築家、京都造形芸術大学大学院教授)
椎名英三(椎名英三・祐子建築設計 主宰、元・宮脇檀建築研究室所員)
中山繁信(建築家、元・工学院大学教授)
司会:松隈 洋(京都工芸繊維大学教授)

『宮脇檀 手が考える・建築家・宮脇檀のドローイング展 巡回展in京都』
-山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて-


日時:2019年3月18日(月)~5月11日(土)10:00-17:00(入館16:30)
休館日:日曜日、祝日、4月28日(日)~5月6日(月)
場所:京都工芸繊維大学美術工芸資料館 2階展示室
※地下鉄烏丸線松ヶ崎駅下車徒歩8分
入館料:無料
主催:特定非営利活動法人 建築文化継承機構(JIA-KIT 建築アーカイブス)
共催:金沢工業大学
巡回特別共催:京都工芸繊維大学・京都工芸繊維大学美術工芸資料館
協力:宮脇檀建築研究室・宮脇 彩
後援:公益社団法人 日本建築家協会・一般社団法人 日本建築学会
一昨年の夏に東京都内で開催された「宮脇檀・手が考える」ドローイング展の巡回展です。
京都展では、新たに、東京藝術大学卒業設計(1959年)とデザイン・サーベイで最初に手がけた倉敷の町並み調査(1966年)の原図を加え、代表的な住宅作品5点を模型にして展示します。宮脇檀の幅広い活動を通して、建築と町づくりに込めたその思いを伝えたいと思います。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533