HP内の目次へ・検索もできます!  『ジョージ・クルックシャンクのオムニバス展』

14606号    14610号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻14609号 2019年4月4日
PDF『ジョージ・クルックシャンクのオムニバス展』
『ジョージ・クルックシャンクの
 オムニバス展』


日時:2019年4月6日(土)~5月26日(日)10:00-18:00
 (入館は17:30)

休館日:月曜日
 (ただし4月29日~5月6日は開館、5月7日は休館)
場所:伊丹市立美術館
〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
  TEL:072-772-7447
入館料:一般300(240)円、大高200(160)円、中小100(80円)
※( )内は20 名以上の団体割引
※兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて無料
※4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60歳以上、土日祝65歳以上)
主催:伊丹市立美術館[公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、 伊丹市
政治や社会の出来事などを絵で面白く伝える諷刺版画が大衆の娯楽だったイギリスでは、19世紀半ばから挿絵入りの小説が盛んになります。教育や印刷技術の発展でたくさんの人々が小説を読むようになり、それまで活躍していた諷刺画家たちが挿絵も手がけるようになります。一枚の絵で多くの情報を伝えてきた諷刺画家たちは、挿絵という新しい芸術でも創造性を発揮しました。その第一人者がジョージ・クルックシャンク(1792-1878)です。諷刺画家として高く評価されていたクルックシャンクは時世にあわせて活躍の場を広げ、グリム童話の最初の英語版『ドイツ民話集』など子ども用の本や、チャールズ・ディケンズ著『オリヴァー・ツイストの冒険』やハリソン・エインズワース著『ジャック・シェパード』など文壇の花形たちの小説に挿絵を提供し、挿絵画家としても人気を博しました。また作品だけではなく、小説家の陰に隠れがちな挿絵画家の地位を守ろうと戦ったことでも知られます。19世紀イギリスの諷刺画から挿絵への過渡期に生きその両方で才能を発揮したクルックシャンク。本展では伊丹市立美術館のコレクションから約200点を展示し、ロンドン下町の日常や奇怪なファッションなどを面白おかしく描いた諷刺画、物語世界を豊かに表現した挿絵、クルックシャンクならではのマニアックな視点がみられるオリジナル作品と、大きく三つに分けてご紹介します。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533