HP内の目次へ・検索もできます!  『企業存続の必須条件"働き方改革"の本質とは』 -経営者が語る、小規模企業こそ取組むべき理由-

14485号    14491号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻14490号 2019年2月18日
『企業存続の必須条件"働き方改革"の本質とは』
-経営者が語る、小規模企業こそ取組むべき理由
-
『企業存続の必須条件"働き方改革"の本質とは』 -経営者が語る、小規模企業こそ取組むべき理由-
日時:2019年3月12日(火)14:00~15:30
場所:京都市男女共同参画センター ウイングス京都2階 研修室A
〒604-8147 京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262 TEL:075-212-7490
※阪急烏丸駅・地下鉄四条駅より徒歩5分
定員:先着20名
受講料:無料
主催:働き方改革推進事務局
世間で話題となっている"働き方改革"というキーワード
『うちは中小企業なので関係無い』『そんなことに取り組む余裕なんかない』そう思っていたら、大変危険です。働き方改革は、今後は企業存続の必須条件ともいえます。いま、なぜ働き方改革が必要なのか?まずはその本質を理解し、マインドを根本から変えなければなりません。そうすれば、何から取組むべきなのかが自ずとみえてきます。今年2019年4月施行される『働き方改革関連法』について、日本商工会議所の調査では中小企業の4割は未だ知らないという結果が出ています。従わなければ罰則もあるので『知らなかった』では済まされません。本セミナーでは、上場企業に勤務し、さらに起業・会社経営の経験を併せ持つ社会保険労務士 江守氏より自身の経験を踏まえ"小規模企業こそ働き方改革に取組むべき理由"と4月より施行する関連法についてわかりやすくお伝えします。
[コンテンツ]
1.なぜいま、"働き方改革"が必要か
2.取組まなければ、企業存続ができなくなる?
3.経営者と社労士の視点で語る、"働き方改革"の重要性
4.まず最初に、何を変えるべきか
5.中小企業も対策待った無し、4月施行"働き方改革関連法"
詳細・お申込み先:
http://www.recruit-service.work/190312/
お問合せ先:働き方改革推進事務局 担当:萩原 慎平
住所:大阪市中央区安土町1-7-13 3F TEL:06-6265-5111
info@recruit-service.work



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533