HP内の目次へ・検索もできます!  シンポジウム 『地域防災と文化財―自然災害を知り、地域の貴重な文化的資源を守り、伝える』

14451号    14457号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻14452号 2019年2月7日
PDF シンポジウム 『地域防災と文化財―自然災害を知り、地域の貴重な文化的資源を守り、伝える』 シンポジウム
『地域防災と文化財
  -自然災害を知り、地域の貴重な
       文化的資源を守り、伝える』


日時:2019年2月10日(日)
 13:00~16:50(開場12:20)

場所:京都国立博物館 平成知新館 講堂
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
定員:200名(事前申込不要)
料金:無料
主催:独立行政法人 国立文化財機構
後援:京都市、朝日新聞社
「文化財防災ネットワーク推進事業」では、シンポジウム「地域防災と文化財―自然災害を知り、地域の貴重な文化的資源を守り、伝える」を開催いたします。
地域文化財の防災には、地域の方々の理解が不可欠です。しかし近年の急激な過疎化・少子化の進行によって文化財の維持管理が困難になっている地域では、自然災害が致命的な打撃となる場合もあります。
今回のシンポジウムは、「地域の文化財-文化的資源」に焦点を当て、地域防災の考え方、地域の取り組み、地域にとっての文化財の意味と文化財が未来に果たす役割、というテーマでそれぞれ専門家の方々にお話しいただきます。
近年増え続ける自然災害に対し、文化財やそれに類する歴史的建物をどうすれば守れるかが問われています。特に、京都に数多く残る未指定の歴史的建物は解体され歴史的街並みも無くなってしまう恐れが強く、手立てが急務です。その一つとして、地域で守る「地域防災」が有効であり、地域で活動する建築士やヘリテージマネージャーの果たす役割が重要になります。
今後の参考になると思いますので、是非ご参加ください。
詳しくは:
https://www.kyohaku.go.jp/jp/event/etc/20190210_kick.html



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533