HP内の目次へ・検索もできます!  平成30年度冬季企画展 『弥生時代の高地性集落とは』 -大阪における特徴と性質-

14394号    14402号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻14399号 2019年1月18日
PDF平成30年度冬季企画展 『弥生時代の高地性集落とは』 -大阪における特徴と性質- 平成30年度冬季企画展
『弥生時代の高地性集落とは』
-大阪における特徴と性質-


日時:2019年1月19日(土)~3月31日(日)
    9:30~17:00(入館16:30)

休館日:毎週月曜日
場所:大阪府立弥生文化博物館
〒594-0083 大阪府和泉市池上町4-8-27
          TEL:0725-46-2162
入館料:一般430円 65歳以上・高大生330円
※中学生以下、障がい者手帳をお持ちのかたとその介助者1名は無料
※20名以上の団体は団体割引料金

主催:大阪府立弥生文化博物館
高台にムラを移した大阪の弥生人たち。その理由は……。高地性集落は弥生社会をものがたる特殊な遺跡として、これまで注目されてきました。コメ作りに便利な低地を離れ、高台に成立したムラには軍事的な機能が推測され「倭国乱」といった戦乱と結び付ける意見が有力です。
ただし、年代や出土遺物の分析が進み、また弥生時代の戦いの内容も検討され「高地性集落」という用語や意味づけの見直しが必要とされています。
本展では大阪府の高地性集落の実態を探り、その性質を考えるとともに背景として重要な弥生時代の戦いや武器についても取り上げます。
[大阪府立弥生文化博物館転載]
関連イベント詳しくは:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/tokubetsu/index.html



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533