HP内の目次へ・検索もできます!  国立西洋美術館開館60周年記念 『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代』

14365号    14369号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻14366号 2019年1月3日
国立西洋美術館開館60周年記念
『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代』
国立西洋美術館開館60周年記念 『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代』
日時:2019年2月19日(火) ~ 5月19日(日) 9:30~17:30
(毎週金曜日・土曜日は20:00まで)※入館は閉館の30分前
休館日:毎週月曜日(ただし2019年3月25日、4月29日、5月6日は開館)5月7日(火)
場所:国立西洋美術館 本館
〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
JR上野駅下車(公園口)徒歩1分、京成電鉄京成上野駅下車 徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅下車 徒歩8分
※駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮ください。
観覧料:一般1,600円(1,400円)大学生1,200円(1,000円)高校生800円(600円)
※中学生以下は無料。
※(団体)は20名以上。
※心身に障害のある方と付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。
本展会期中、常設展は新館展示室のみで開催されます。
世界遺産に登録された本館展示室をご覧いただくには、本展観覧券が必要となりますのでご注意ください。
主催:国立西洋美術館、ル・コルビュジエ財団、東京新聞、NHK
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、在日スイス大使館、
   公益社団法人日本建築家協会、一般社団法人日本建築学会
協賛:大日本印刷
協力:フランス文化財センター、日本航空、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン、
    Echelle-1、八十島プロシード、西洋美術振興財団
20世紀の建築の巨匠ル・コルビュジエ
本展では、オザンファンとの密接な協力関係によるピュリスム絵画の展開をたどり、ル・コルビュジエの造形思考の原点を振り返ります。
また、第一次大戦後のキュビスムを代表するパブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラック、フェルナン・レジェ、フアン・グリスの絵画と、ジャック・リプシッツ、アンリ・ローランスの彫刻により、ル・コルビュジエが多大な刺激を受けた1920年代パリの前衛美術界を再現します。これら近代美術の巨匠たちの絵画・彫刻と、ル・コルビュジエの建築空間との融合は、ここ国立西洋美術館本館でしか見ることができません。
お問い合わせ先: ハローダイヤル 03-5777-8600
https://eplus.jp/sf/art/lecorbusier-s



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533