HP内の目次へ・検索もできます!  『さがわきっずみゅーじあむ アリスインサイエンスワールド』

13249号    14352号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻14350号 2018年12月27日
 『さがわきっずみゅーじあむ アリスインサイエンスワールド』『さがわきっずみゅーじあむ
 アリスインサイエンスワールド』


日時:2018年12月15日(土)~2019年02月11日(月)
    9:30~17:00 (最終入館16:30)

休館日:毎週月曜日(祝日に当たる場合はその翌日)
・年末年始
※展示替え等のため臨時休館する場合があります。
場所:佐川美術館
〒524-0102 滋賀県守山市水保町北川2891
 TEL:077-585-7800 FAX:077-585-7810
入館料:常設展 一般1,000円(800円)
高校生・大学生600円(400円)
団体(20名様以上)
・専門学校・専修学校は大学に準じて適用します。
・中学生以下は無料(保護者のご同伴をお願いいたします)。
・障害者手帳提示でご本人様と付添者1名まで無料。
主催:佐川美術館
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、守山市、守山市教育委員会、BBCびわ湖放送
企画協力:ハンズプロ株式会社
協力:SGホールディングス株式会社、佐川急便株式会社、佐川印刷株式会社 
今年のさがわきっずみゅーじあむは、世界中の人々に愛されている不朽の名作『不思議の国のアリス』をテーマに、アリスが遭遇した不思議な体験を一緒に楽しむことができる、体験型の展示イベント「アリスインサイエンスワールド」をご紹介!「見たり」「聞いたり」「触ったり」誰でも簡単に体験することができます。この冬は不思議の国に出かけましょう。
①《プロジェクションマッピングゾーン》
突然現れた、服を着た何だかヘンテコな白ウサギ。そして、アリスと白ウサギの追いかけっこがはじまります。このコーナーでは、アリスが不思議の国に迷い込んだ場面をプロジェクションマッピングでご紹介します。白ウサギを追いかけた先には、どんな世界がまっているかな?

② 《触ってびっくりゾーン》
白ウサギを追いかけていくと、そこにはチェシャ猫やトランプ兵といった不思議の国の住人がいっぱい!彼らを触ってみると……いろんな音や話し声が聞こえてきます。
どんな音が鳴るのかは、触ってみてのお楽しみです。

③《3D映像ゾーン》
アリスが体験した不思議の国のストーリーを、臨場感あるフル3Dのミニアニメーションで楽しむことができるコーナーです。3Dメガネを着ければ、ドキドキハラハラの不思議な世界がすぐそこに!

④《3Dアートゾーン》
目の錯覚を利用した不思議体験が出来るコーナーです。立つ位置によって身体が大きく見えたり、小さく見えたりする様子は、まるで不思議の国に迷い込んだアリスみたい!
3Dアートの世界でみんなも不思議の国の住人になったような写真をいっぱい撮ってみよう♪
[茶室見学のご案内]
樂吉左衞門館に併設されている茶室は、樂吉左衞門館同様、樂氏自らが設計の創案を行われました。当館茶室は、水没する小間と水の中に浮かぶ広間からなります。広間の床の高さは水庭の水面と可能な限り同じレベルを保つように考えられています。
「水面と同じ高さに座す。人は自然と同じレベル、目線で生きていかなければならない」そういった思いが込められています
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/plan/tearoom.html
お問合せ先:佐川美術館
〒524-0102 滋賀県守山市水保町北川2891
TEL:077-585-7800 FAX:077-585-7810



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533