HP内の目次へ・検索もできます!  澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 『櫛・かんざしとおしゃれ展』 -粋に華やかに、麗しく-

14327号    14334号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻14333号 2018年12月19日
澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 『櫛・かんざしとおしゃれ展』 -粋に華やかに、麗しく-

澤乃井櫛かんざし美術館所蔵
『櫛・かんざしとおしゃれ展』
-粋に華やかに、麗しく-


日時:2018年12月15日(土)~2019年2月24日(日)
 10:00~17:00 ※最終入館16:30

場所:アサヒビール大山崎山荘美術館
〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎銭原5-3
 TEL:075-957-3123
休館日:月曜日
※ただし、2019年1月14日(月)、2月11日(月)は開館
[振替休館日]
2019年1月15日(火)、2月12日(火)
[年末年始休館]
2018年12月25日(火)- 2019年1月3日(木)
〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3 TEL:075-957-3123(総合案内)
観覧料:一般900円 大学・高校生500円 中学生以下無料 障害者手帳をお持ちの方300円
主催:アサヒビール大山崎山荘美術館
後援:京都府、大山崎町、大山崎町教育委員会、京都新聞、読売新聞京都総局、
   朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、産経新聞社京都総局、中日新聞京都支局、エフエム京都
協力:澤乃井櫛かんざし美術館、ポーラ文化研究所
監修:村田 孝子(ポーラ文化研究所)
企画協力:田辺 千香子、アートインプレッション
身分や職業によって服装や装飾品を規制されていた江戸時代の女性たちは、髪飾りに個性を求め、職人が創意工夫を凝らした多種多様な櫛やかんざしで自らを飾ることで、おしゃれを楽しんでいた。
本展では、料亭の女将として多くの人を魅了した岡崎智予の収集品を所蔵する澤乃井櫛かんざし美術館から、日本工芸の粋を凝縮した櫛とかんざしを展示。あわせて、当時の風俗を伝える浮世絵を紹介する。
素材には鼈甲(べっこう)、象牙、金、銀、ガラス。また技法においては蒔絵、透かし彫り、螺鈿、切り子などが幅広く用いられた櫛やかんざしには、四季の植物から人物、風景、民話や日本地図といった一風変わったものまで様々なモチーフが象られ、目を楽しませてくれる。
(※会期中、展示替えあり)
詳しくは:http://www.asahibeer-oyamazaki



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533