HP内の目次へ・検索もできます!  『RENOVATION 1998-2018 and then リノベーションの20年とこれからの都市とか建築とか』

13878号    13886号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13883号 2018年6月30日
PDF『RENOVATION 1998-2018 and then リノベーションの20年とこれからの都市とか建築とか』


『RENOVATION 1998-2018 and then
リノベーションの20年とこれからの都市とか建築とか』

日時:2018年7月7日(土)~14日(土)12:00─20:00
場所:新桜川ビル2階 特設会場
〒556-0022 大阪市浪速区桜川3-2-1
入場料:500円(展覧会booklet込)
主催:Arts&Crafts
マネジメント:榊原充大(RAD)
【前夜祭】リノベーション・クロニクル
日時:2018年7月6日(金)12:00─20:00
【トーク1】建築系卒業10年後の公開同窓会
日時:2018年7月8日(日)12:00─20:00
【トーク2】これからのつくりかたと終わらせかた
日時:2018年7月14日(土)12:00─20:00
日本でリノベーションが誕生したとされる1998年から20年の時が流れました。この間、わたしたちの都市や建築はどう変わったのか。あなたにとってリノベーションとは何だったのか。そして時代はどこへ向かうのか。平成が次のピリオドへ遷ろうとするいま、都市とローカル、宿泊のかたち、新築とリノベーションなど、既存の価値観がボーダレスにミックスし合う未来を、時代を駆け抜けてきたエポックメーカーたちの言葉から考える展覧会を開催します。
[booklet]
30人のエポックメーカーの方々に5つの質問を投げかけ展覧会bookletをつくりました。展示会場ではアンケートの回答と合わせ、過去から今まさに生み出されているものまで、数々の書籍・雑誌・SNSでのリノベーションにまつわる言葉を振り返っていきます。
著者:
岸本千佳[アッドスパイス]、大島芳彦[ブルースタジオ]、高岡伸一[BMC・建築家]、家成俊勝[ドットアーキテクツ]、前田有佳利[FootPrints]、宮崎晃吉[HAGI STUDIO]、島原万丈[LIFULL HOME'S 総研]、矢津吉隆[kumagusuku]、馬場正尊[OpenA]、山崎亮[studio-L]、田村晟一朗[タムタムデザイン]、山口晶[TEAM クラプトン]、林厚見[SPEAC/東京R不動産/toolbox]、梶原文生[UDS]、澤田充[ケイオス]、中村真広[ツクルバ]、泉英明[ハートビートプラン]、いとうともひさ[いとうともひさ]、北川大祐[ひつじ不動産]、平野 愛[写真家]、平塚桂・たかぎみ江[ぽむ企画]、青木純[まめくらし]、嶋田洋平[らいおん建築事務所]、東野唯史[ReBuilding Center JAPAN]、内山博文[u.company inc.]、中野弘巳・吉崎かおり[御舟かもめ]、三浦展[カルチャースタディーズ研究所]、倉方俊輔[大阪市立大学]、竹内厚[編集者]、松村秀一[東京大学]
ウェブサイト
会期中にはトークイベントが開催されます。詳細はウェブサイトをご覧ください。
https://www.a-crafts-event.com/renovation2018
お問い合わせ先:株式会社アートアンドクラフト
〒550-0003 大阪市西区京町堀1-13-24 1F
TEL:06-6443-1350  担当:土中



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533