HP内の目次へ・検索もできます!  第33回日本大学理工学部図書館公開講座 『「京都・奈良の世界遺産―凸凹地形模型で読む建築と庭園―」を語る』 講演:伊澤岬

13865号    13870号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13869号 2018年6月24日
PDF第33回日本大学理工学部図書館公開講座 『「京都・奈良の世界遺産―凸凹地形模型で読む建築と庭園―」を語る』 講演:伊澤岬 第33回日本大学理工学部図書館公開講座
『「京都・奈良の世界遺産
 ―凸凹地形模型で読む建築と庭園―」を語る』
講演:伊澤岬(日本大学名誉教授 工学博士)


日時:2018年年6月26日(火)
 18:00─20:00(受付17:30から)

場所:日本大学理工学部駿河台校舎1号館6階CSTホール
〒101-8308 東京都干代田区神田駿河台1-8-14

受講料:無料 ※当日は。会場に直接ご来場ください。
主催:日本大学理工学部
後援:千代田区
今回の講師は,本学名誉教授であり,工学博士の伊澤岬先生です。
自然のままの凸凹地形を生かした,いにしえの京都・奈良の建造物,悠久の時が流れても,技術が現代に活かされています。その「活かし方」や,さらに「直し方」を,現代の日本に起こっている様々な事象に当てはめ環境再生や復興計画へ続くお話をいただきます。
[プログラム]
開会:18:00
開会の挨拶:18:10
『「京都・奈良の世界遺産―凸凹地形模型で読む建築と庭園―」を語る』
講演:伊澤岬(日本大学名誉教授 工学博士)
日本人の自然観は和歌や絵画に表現されてきましたが世界遺産境内の地形利用も自然観を象徴しています。そこで京都の境内の地形の「読み方」を五つのカテゴリーで示しこれが現代の都市・建築の設計法、いわば「活かし方」、さらに環境再生や復興計画の「直し方」にもつながる連続性を提案します。
質疑応答:19:50
閉会:20:00
お申込み方法:E:Mail.FAXまたは葉書にて,住所・氏名・電話番号・所属を御記入の上下記あてにお申し込みください。

お申込先:日本大学理工学部図書館事務課
〒101-8308 東京都干代田区神田駿河台1-8-14
TEL:03-3259-0636 FAX:03-3293-7458


PDF申込用紙
申込用紙
          
お申込練切;開催当日まで可



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533