HP内の目次へ・検索もできます!  『西尾維新大辞展~京都篇~』

13864号    13869号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13865号 2018年6月22日
『西尾維新大辞展~京都篇~』
『西尾維新大辞展~京都篇~』
日時:2018年7月7日(土)~9月17日(月・祝) 10:00─18:00
※金曜日は19:30まで(入室はそれぞれ30分前まで)
※休館日:月曜日 ※ただし、7/16(月・祝)、7/17(火)、9/17(月・祝)は開館
場所:京都文化博物館 4階特別展示室
〒604-8183 京都市中京区三条高倉 TEL:075-222-0888
入場料金:一般・大学生1,400円(1,100円)高校生700円(600円)中学生500円(400円)
※( )内は20名以上の団体料金 
※小学生以下は無料、要保護者同伴 
※障がい者手帳などをご提示の方と付き添い1名までは無料。
主催:京都府、京都文化博物館、朝日新聞社、ABCテレビ、ローソンチケット、講談社
企画協力:松屋
特別協賛:サミー
協賛:アニプレックス、エンスカイ、Gift、グッドスマイルカンパニー、大日本印刷、
   バンプレスト、マックスファクトリー、ムービック、ワキプリントピア
「京都の二十歳」としてデビューし、昨年作家業十五周年を迎えた西尾維新の展覧会です。
京都が舞台のひとつとなっている戯言シリーズをはじめ、〈物語〉シリーズ、忘却探偵シリーズを中心に西尾維新の世界を紹介する本展では、かつてない”広大な辞書空間”となった会場を舞台に、作品に登場する数々の名文や、装画・アニメーション原画や動画を展示。さらに初公開となる「書き下ろし小説」、西尾維新の世界を五感で味わえる「体験型展示」など、様々な方法で西尾維新を紹介する。そして、東京にはじまり大阪、岡山、名古屋、福岡と全国開催された本展はいよいよ京都の地でファイナルを迎えることとなる。各地で大評判であった西尾維新による脚本を豪華声優陣がナレーションするキャラクター音声ガイドはもちろん、その音声ガイドをつとめた声優や、西尾維新アニメプロジェクトスタッフによるトークショーなどのイベントや、当館1階の江戸時代末期の京の町家の表構えを復元した「ろうじ店舗」でのコラボカフェ、描き下ろしイラストを使用した展覧会オリジナルグッズなど「~京都篇~」ならではの展開も目白押し。「西尾維新大辞展」がパワーアップし、西尾維新史上”最広”で”最京”の一冊をぜひお楽しみください。
【作者 西尾維新】
1981年生まれ。天才が集められた孤島で起きた密室殺人を描くミステリー『クビキリサイクル』(講談社)で、第23回メフィスト賞を受賞、デビュー。同作 に始まる「戯言シリーズ」のほか、「〈物語〉シリーズ」「忘却探偵シリーズ」など、著作多数。驚異的な速筆で知られ、今もっとも活躍するクリエイターの一人。
【グッズ】
描き下ろしイラストなどを使用した展覧会オリジナルグッズが約100点!
京都会場限定グッズも多数登場!
※デザインは変更になる可能性がございます。
※グッズコーナーのみへのご入場はお断りします。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533