HP内の目次へ・検索もできます!  新版画展 『美しき日本の風景』

13863号    13865号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13864号 2018年6月22日
PDF新版画展 『美しき日本の風景』新版画展
『美しき日本の風景』


日時:2018年7月5日(木)~8月1日(水) 会期中無休
 10:00~20:00(入館締切閉館30分前)
場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555
  京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
  ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
TEL:075-352-1111
入館料:一般800円(600円) 高・大学生600円(400円) 小・中学生400円(200円)
※( )内は前売および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまの料金。
主催:美術館「えき」KYOTO、京都新聞、公益財団法人平木浮世絵財団
協力:渡邊木版美術画舗
企画協力:(株)アートワン
「新版画」という木版画をご存知でしょうか?日本では江戸時代に浮世絵が誕生したことで大量印刷が可能となり、庶民の間でも絵画が楽しまれるようになりました。盛り上がりを見せた浮世絵は時代と共に収束に向かいましたが、それらの技術は次の時代へと受け継がれ、大正から昭和初期にかけて新版画として発展しました。版元渡邊庄三郎が中心となり浮世絵の再興をするとともに、新たな芸術を創造していきました。新版画のジャンルは浮世絵に従っているので美人画や役者絵もありますが、本展では風景というテーマに注目し、葛飾北斎や歌川広重などによって大成された風景画を、新しい形で表現した新版画の魅力に迫ります。川瀬巴水と??田博の作品を中心に、日本各地の四季折々の情景を豊かな色彩で捉えた作品約100点で新版画ならではの写実的な風景をお楽しみ下さい。
[ギャラリー・トーク]
場所:美術館「えき」KYOTO
日時:2018年7月5日(木) 11:00から(約30分)
森山悦乃氏(公益財団法人平木浮世絵財団 学芸員)

日時:2018年7月8日(日) 11:30~14:00から(各回約30分)
渡邊章一郎氏(渡邊木版美術画舗 代表取締役)

※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。
※イベント内容が変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533