HP内の目次へ・検索もできます!  画展郷土作家シリーズ 『佐々木猛(たけし)作品展ー遊び心と土と筆ー』

13827号    13832号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13831号 2018年6月7日
PDF画展郷土作家シリーズ 『佐々木猛(たけし)作品展ー遊び心と土と筆ー』 画展郷土作家シリーズ
『佐々木猛(たけし)作品展ー遊び心と土と筆ー


日時:2018年6月2日(土)~2018年7月1日(日)
 9:30~18:30(入館は18:00まで)

休館日:月曜日
場所:明石市立文化博物館 1階特別展示室
〒673-0846 明石市上ノ丸2-13-1 TEL:078-918-5400
観覧料:大人:200円 大高生:150円 中学生以下:無料
※20名以上の団体は2割引 65歳以上の方、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示の方
(介護が必要な場合は介護者も)は半額 シニアいきいきパスポート提示で無料
※時の記念日6月10日(日)は観覧料無料
主催:明石市立文化博物館
後援:兵庫県、兵庫県教育委員会、明石市教育委員会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、公益財団法人明石文化芸術創生財団、一般財団法人兵庫県学校厚生会、神戸新聞社、NHK神戸放送局、サンテレビジョン、ラジオ関西、明石ケーブルテレビ
特別協力:佐々木猛生誕121年実行委員会
今年の郷土作家シリーズは、画家・陶芸家の佐々木猛(1897-1979)の作品を紹介します。
佐々木猛は、明治30(1897)年に現在の東京都で生まれました。東京高等工業学校工業図案科を卒業し東京美術学校へ入学、同校中退後、絵画を模写する仕事などに携わります。昭和11(1936)年以降は関西に移り、姫路・豊岡・龍野などで教鞭をとりました。 昭和32(1957)年に明石の魚住に窯を築き昭和54(1979)年に亡くなるまで、明石の地で制作を続けました。国内外で見聞きしたものを多彩に取り入れた遊び心あふれる作品は、ユーモラスで観る人をどこか懐かしい気持ちにさせてくれます。
本展では、焼き物と絵画の作品を展示し、佐々木猛の一生とその制作における業績を紹介します。
[関連イベント]※いずれも観覧券が必要です!
『メッセージカードをつくろう』
※当日自由参加
かわいい消しゴムハンコをつかって、自分だけのメッセージカードをつくろう!
日時:2018年6月10日(日)、16日(土) 10:30~15:00
場所:当館1階ロビー
定員:各日先着30名

『ギャラリートーク』
※当日自由参加
日時:2018年6月30日(土)13:30~(20分程度)
場所:当館1階特別展示室
講師:当館学芸員

お問い合わせ先:明石市立文化博物館 TEL:078-918-5400



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533