HP内の目次へ・検索もできます!  建築士法第22条の4第5項に基づく建築技術講習会 『設計者・施工者のための 集合住宅の騒音防止設計入門』   [関連図書]・『集合住宅の騒音防止設計入門』

13787号      13793号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13792号 2018年5月24日
建築士法第22条の4第5項に基づく建築技術講習会 『設計者・施工者のための 集合住宅の騒音防止設計入門』   [関連図書]・『集合住宅の騒音防止設計入門』 建築士法第22条の4第5項に基づく建築技術講習会
 『設計者・施工者のための集合住宅の騒音防止設計入門』  関連図書・『集合住宅の騒音防止設計入門』


日時:2018年6月20日(水)13:00~17:00(受付12:30~)
場所:TOTOテクニカルセンター大阪 TEL:06-6253-5675
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-6-8
 御堂筋ダイワビル2F
※地下鉄御堂筋線「本町駅」下車12番出口、徒歩4分
※お車での来場はご遠慮ください。
受講料:建築士会会員:6,500円
 後援団体会員:7,500円 一般:8,500円
※受講料にはテキスト代(税込2592円)を含んでいます。
※建築士会の賛助会員企業にご所属の方は、入会口数1口につき1名様を建築士会会員受講料とさせて頂きます。
定員:80名(申込先着順)
テキスト:『集合住宅の騒音防止設計入門』(NPO法人建築音響共同研究機構 編、学芸出版社)他、補助資料
主催:大阪府建築士会
詳細→
お申込みページ→
集合住宅では、屋外の道路交通騒音や鉄道騒音が伝搬してきます。また、壁や床などを介して隣人の住居と接して住んでいるので、特に生活騒音が聞こえやすい環境になっているのが実情です。さらに、設備騒音が居室へ伝搬することがあります。良好な音環境を実現するため、屋内外から居室へ伝搬する騒音を出来るだけ少なくなるように遮音設計がなされますが、騒音が全く騒音が聞こえない状態は保証できません。こうした集合住宅の騒音問題に対して、設計者や施工者に対応策の実例や計算方法などを易しく示し、防止設計方法を解説します。
お問合せ先:公益社団法人 大阪府建築士会
〒540-0012 大阪市中央区谷町3-1-17 高田屋大手前ビル5階
TEL:06-6947-1961 FAX:06-6943-7103
E-mail:info@aba-osakafu.or.jp

[関連図書]

http://tairyudo.com/tukan7bo201701/tukan13217.html 『集合住宅の騒音防止設計入門』

NPO法人建築音響共同研究機構 編
著:安藤啓・中川清・縄岡好人・平松友孝・
益田勲・吉村純一・渡邉秀夫・綿谷重規
発行:学芸出版社
定価:(本体2,400円+税)A5・160p
978-4-7615-2654-2
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
<ゼネコン出身の音響のプロがノウハウを結集>



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533