HP内の目次へ・検索もできます!  村野藤吾の建築をみる(20)横浜・東京 研修ツアー 『村野藤吾の建築と横浜・東京』講義 ・見学現地解説

13775号      13781号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13780号 2018年5月18日
PDF村野藤吾の建築をみる(20)横浜・東京 研修ツアー 『村野藤吾の建築と横浜・東京』講義 ・見学現地解説


村野藤吾の建築をみる(20)横浜・東京 研修ツアー
『村野藤吾の建築と横浜・東京』
講義 ・見学現地解説


日時:2018年6月15日(金)~16日(土)
集合:11:15 JR根岸線・関内駅 南口
解散:17:30 JR東京駅(予定)
村野藤吾の建築を中心に横浜・東京をめぐる研修ツアーです。村野作品はいずれも建設当初のまま、あるいは前の時代 から引き継ぎ改修・増築されたもので、都市の中核をなす建築として生き続けています。初日の横浜では歴史的建築の 豊かな街並みを歩きながら、開港から都市の発展を紹介する展示や解説も見聞し、また、村野藤吾と同時代に活躍した 建築家・坂倉準三や山田守の作品にも立ち寄ります。横浜での宿舎は著名なホテルニューグランドで、翌、東京で訪ねる建築はすべて村野藤吾の関わった作品です。
■見学建物:横浜市役所・神奈川県庁新庁舎・横浜開港記念会館・横浜開港資料館(外観)
 ・横浜都市発展記念館・ホテルニューグランド・社会保険横浜中央病院(外観)
 ・高島屋日本橋店・八重洲ダイビル(外観)・麹町ダイビル(外観)・迎賓館
■講師:笠原一人氏(京都工芸繊維大学 助教)
■日時:2018年6月15日(金)~16日(土)
■集合:11:15 JR根岸線・関内駅 南口
■解散:17:30 JR東京駅(予定)

■[スケジュール]
2018年6月15日(金)
(1)横浜市庁舎(村野藤吾/1959年)
[昼食]
(2)横浜市開港記念会館(山田七五郎/1917年)
(3)神奈川県庁新庁舎(坂倉準三/1966年)
(4)横浜開港資料館(旧館:英国工務省・1931年/ 新館:浦辺鎮太郎・1981年)*
(5)横浜都市発展記念館(旧横浜中央電話局/逓信省技師・中山広吉/1929年)
(6)講義・・・横浜情報センター(旧館:旧横浜商工奨励館/1929)
[夕食]
[宿泊]ホテルニューグランド本館
2018年6月16日(土)
[朝食]
(1)ホテルニューグランド本館(渡辺仁/1927年)
(2)社会保険横浜中央病院(山田守/1960年)*
(3)八重洲ダイビル(村野藤吾/1967年)*
(4)高島屋日本橋店(高橋貞太郎/1933年 [増築]村野藤吾/1952・54・63・65・73年/重要文化財)
[昼食]
(5)日本海事協会管理センター別館(村野藤吾/1980年)*
(6)麹町ダイビル(村野藤吾/1976年)*
(7)迎賓館[旧赤坂離宮](片山東熊/1909年・[改修]村野藤吾/1974/国宝)
[まとめとお茶]
(注)*=外観のみの見学
■参加費
(A)会員:40,000円(*ビジター:41,000円)+(B)宿泊費
*(A)=共通費用-講師料・タクシ―代・入館料・会場費・見学お礼・食事代・お茶代・傷害保険費用ほか
*(B)=宿泊費-4タイプより選択 (詳しくは■旅の詳細【宿泊】を参照)
■定員:22名(催行最少人数12名)
■移動:電車・タクシー・徒歩少々
■主催:Club Tap
■講師からのメッセージ
 今回の村野藤吾ツアーは、横浜と東京に出かけます。2008 年に開催した東京の村野 藤吾ツアーで 訪問できなかった建物を見学します。中でも今回の目玉となるのは、横浜 市庁舎(1959年)と高島 屋日本橋店(1952-73 年増築/重要文化財)そして迎賓館(旧赤坂離宮/197 年改修/国宝)だと言えます。
 横浜市庁舎は、村野にとって戦後の最初の庁舎建築です。丹下健三らによる同時代 の庁舎建築とは異なる、 村野独自の庁舎建築の姿を見ることができます。高島屋日本 橋店は、高橋貞太郎設計で 1933 年に竣工した 旧館への増築を村野が担当しています。増築部分に旧館のデザインの一部を取り入れ、巧みに変形した優れたものです。迎賓館は、片山東熊設計で 1909 年に竣工した建物を 村野が改修しています。スケールダウンや色彩の変更などの手法で改修しています。
 いずれも、同時代にあっては異色の作品です。村野の多彩な技や歴史的建築物への 向き合い方をお楽しみいただけます。その他、東京では村野が手掛けたオフィスビル、 横浜では村野以外の近代建築の名作も拝見します。(笠原一人)
■旅の詳細
【旅程】
2018年6月15日(金)=[集合] JR根岸線・関内駅 横浜市役所~(昼食)~横浜市役所~横浜市開講記念会館~神奈川県庁新庁舎~横浜開港資料館~横浜都市発展記念館~ <タクシー移動>~宿舎チェックイン~<タクシー移動>~ 横浜情報センター(講義)~<タクシー移動>~(夕食)~宿舎
2018年6月16日(土)=(朝食)~ホテルニューグランド~社会保険横浜中央病院~ <電車移動>JR石川町~東京駅~八重洲ダイビル~ 高島屋日本橋店~(昼食)~<電車移動>JR中央線・東京駅~ 四ツ谷~ 日本海事協会管理センター別館~麹町ダイビル~ 迎賓館~ホテルニューオータニ~JR中央線・四ツ谷駅~東京駅 [解散]
【食事】
2018年6月15日(金)=昼食:レストランかをり(横浜市役所職員食堂)/夕食:許厨房(台湾料理・・横浜中華街)
2018年6月16日(土)=朝食:ホテルの朝食/昼食:お弁当(於:高島屋特別室)/〆のティータイム:ホテルニューオータニ
【宿泊】
2018年6月15日(金)=ホテルニューグランド 〒231-8520横浜市中区山下町10 TEL:045-681-1841
(*荷物を前もって送る場合は、宿泊日を必ずご記入ください)

★下記4タイプよりお選びください。<参加申込書>へ
(1)本館シングル(バス付) ¥15,400-
(2)本館シングル(シャワーのみ) ¥13,400-
(3)本館ツイン 2 名利用=¥12,744- 1名利用=¥22,140-
(3)タワーツイン 2 名利用=¥12,204- 3 名利用=¥11,340-1名利用= ¥21,600-
 *予約の部屋数:シングル=8 室 ツイン=15 室(1 名でツイン 2 名利用を ご希望の場合は、事務局がお相手をご紹介します。)
 *シングル以外は同室ご友人の氏名を<参加申込書>に記入
 *料金は一泊朝食付き、税サ込・1名分の金額
★東京・横浜方面からの参加で、宿泊をされない方にも対応します。
【交通と費用】
(1)横浜市内=タクシー利用 3 回(料金は参加費に含む)
(2)石川町~東京=電車利用 1 回(個人負担)
(3)東京都内=電車利用3回(個人負担)
*(2)(3)は、あらかじめICOCA・Suica などのICカードにチャージをお願いします。
(¥2,000ぐらい・団体で改札を迅速に通過するため。集合までの新横浜~関内間も利用できる。)
■参考(1)
【ホテルニューグランド本館】 昭和 2 年(1927 年)12 月開業。関東大震災後、国際都市横浜のシンボルとして誕生。海外 からの要人の迎賓館として、数多くの著名人に愛された日本有数のクラシックホテル。 https://www.hotel-newgrand.co.jp/about/ (横浜の歴史を映すクラシックホテル・歴史的 建造物・ヒストリー・登場シーン・ ホテルニューグランド発祥・・・などをUP)
■参考(2)
【集合地までの電車情報】
例:①新幹線 新大阪8:20(のぞみ 216 号)~新横浜10:34→のりかえ
  ②JR 横浜線 5番線 (快速) 桜木町行きに乗車 新横浜10:48~桜木町11:04→のりかえ
  ③JR根岸線 (普通) 磯子行きに乗車 桜木町11:06~関内11:08 南口へ
■お申込方法など
・定員制につき、ご希望は早めにお寄せくださいを。検討中の方も仮予約ができます。
・手続=(1)氏名・TEL・アドレスを Club Tap までお知らせください。
(2)Club Tap より<参加申込書>をお送りします。
(3)<参加申込書>に記入後、ご返信ください。
(4)参加費(A)+(B)をお送りください。(送金締め切り日=6/8(金))
■お問合せ先:~旅と遊びを共有する~■□ Club Tap □■
〒569-1115 大阪府高槻市古曽部町 1-24-18
TEL&FAX:072-683-7700
携帯:090-7097-6497
club-tap@outlook.jp



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533