HP内の目次へ・検索もできます!  特別企画展 なにわ人物誌 『堀田龍之助 -幕末・近代の大阪に生きた博物家-』

13751号      13758号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13752号 2018年5月8日
特別企画展 なにわ人物誌 『堀田龍之助 -幕末・近代の大阪に生きた博物家-』 特別企画展 なにわ人物誌
『堀田龍之助
 -幕末・近代の大阪に生きた博物家-』

日時:2018年4月25日(水)~6月18日(月)9:30─17:00
 (入館は閉館の30分前)
休館日:火曜日
場所:大阪歴史博物館 Osaka Museum of History 6階
    特別展示室
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32
 TEL:06-6946-5728
観覧料:大人600円(540 円)高校生・大学生400円(360円)
※( )は20名以上の団体割引料金。
※中学生以下・大阪市内在住の65 歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催:大阪歴史博物館
協力:大阪市立自然史博物館
特別協力:東京国立博物館
堀田龍之助(1819-1888)は、博物学の素養を蓄えた人物として、幕末・明治の大阪に生きた人物です。若い頃には、和歌山の博物学者・畔田翠山(1792-1859)と交流を深めながら、多くの知識を身につけていきました。また京都の山本読書室(平安読書室)にも出入りをしており、医師であり博物学者でもあった山本榕室(1809-1864)と物産関係の情報交換や写本のやりとりなどを行っていました。明治になると大阪に開設された博物場に勤め、明治期の博物館建設に大きな役割を果たした田中芳男(1838-1916)らに協力して、畔田翠山の著作『水族志』の刊行にも尽力しました。今年は龍之助が没して130年になります。本展覧会は、現在大阪歴史博物館が所蔵する堀田家旧蔵資料を中心に約100件を展示し、市井に生きた博物家・堀田龍之助の足跡を辿ります。
[関連行事]
ギャラリートーク
日時:平成30年6月9日(土)14:00~(約45分)
講師:加藤俊吾(大阪歴史博物館学芸員)
場所:大阪歴史博物館 6階 特別展示室内
参加費:無料(但し入場には常設展示観覧券が必要です)
参加方法:当日、直接会場へお越しください。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533