HP内の目次へ・検索もできます!  『尹煕倉"Sand River 砂の流れ-鴨川 京都 "』

13743号      13749号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13744号 2018年5月3日
PDF『尹煕倉"Sand River 砂の流れ-鴨川 京都 "』







『尹煕倉"Sand River 砂の流れ-鴨川 京都 "』
日時:2018年5月12日(土)~6月9日(土)10:00─18:00 
場所1:艸居 アネックス
〒604-0924 京都市中京区河原町二条下ル一之船入町375 スリーエスビル3F
日時:2018年5月12日(土)~6月9日(土)
※こちらがメイン会場となり、新作を展示します。

オープニングレセプション:
日時:2018年5月12日(土)16:00─18:00

ギャラリートーク: Sand River Work
日時:2018年5月27日(日)14:00─16:00(13:30開場)
尹煕倉(美術家)、加須屋明子(美術評論家・京都市立芸術大学教授)
〒604-0924 京都市中京区一之船入町375 SSSビル3F TEL: 075-256-5155
休廊日: 日曜日・月曜日 (5月27日は開廊)

日時:2018年5月12日(土)~5月27日(日
場所2: 艸居
〒605-0089 京都府京都市東山区元町381-2 TEL: 075-746-4456
休廊日: 日曜日・月曜日(5月27日は開廊)
この度、現代美術 艸居では尹 煕倉の「Sand River 砂の流れ-鴨川 京都」を開催致します。
京都では初の展示であり、弊廊としても初めての個展となります。今展では尹がこの数年取り組んできた陶粉画「SandRiver 砂の流れ」の新作を展示いたします。
「その場所にある材料で、その場所のことを現す」 尹はその思いつきを2010 年、京都鴨川中心部で試したのを始まりとして、多摩川、揖保川、淀川、テムズ川、セーヌ川、瀬戸内海と旅を続けながら作画を重ねてきました。
今回 鴨川の流れのすべての風景を体感すべく、昨夏、 鴨川の源流から桂川との合流地点までの9 カ所で砂や石を採取しました。それを200度から2860度に分けて焼成し尹が探し求める色:鉄分を含んだ砂が赤く変化し特徴的な色を出しているものを選び顔料に加工して、始まりの地にふさわしい再試行になるべく古代から流れる川の風景をミニマルな表現方法で平面に描写しました。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533