HP内の目次へ・検索もできます!  『色彩の画家 オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーとともに』

13734号      13741号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13740号 2018年5月2日
『色彩の画家 オットー・ネーベル展 シャガール、
カンディンスキー、クレーとともに』
『色彩の画家 オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーとともに』
日時:2018(平成30)年4月28日(土)~6月24日(日)10:00─18:00
※金曜日は19:30まで(入室はそれぞれ30分前)
休館日:月曜日
場所:京都文化博物館 4階・3階展示室
〒604-8183 京都市中京区高倉通三条上る東片町623-1 TEL:075-222-0888
入場料:一般1,500円(1,300円)、大高生1,000円(800円)、中小生 600円(400円)
※(  )は前売及び20名以上の団体料金。
※上記料金で総合展示とフィルムシアターもご覧いただけます。
主催:京都府、京都文化博物館、産経新聞社、関西テレビ放送
後援:スイス大使館、大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館、
(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、KBS京都、エフエム京都
協力:スイス政府観光局、スイス インターナショナル エアラインズ、
ヤマトグローバルロジスティクスジャパン株式会社
企画協力:オットー・ネーベル財団 In cooperation with Otto Nebel Foundation,Bern
スイス、ドイツで活動した画家オットー・ネーベル(1892-1973)。1920年代半ばにワイマールに滞在したネーベルは、バウハウスでカンディンスキーやクレーと出会い、長きにわたる友情を育みました。
ベルンのオットー・ネーベル財団の全面的な協力を得て開催される、日本初の回顧展となる本展では、建築、演劇、音楽、抽象、近東など彼が手がけた主要なテーマに沿って、クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も併せて紹介することで、ネーベルが様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく過程に迫ります。バウハウス開校100 周年(2019 年)を前に、若き日のバウハウス体験に始まり、素材やマチエールを追求し続けた画家ネーベルの知られざる画業を紹介します。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533