HP内の目次へ・検索もできます!  『生誕150年 横山大観展』

13702号      13705号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13703号 2018年4月15日
『生誕150年 横山大観展』
PDF『生誕150年 横山大観展』
日時:2018年6月8日(金)~ 7月22日(日)9:30─17:00(入館各閉館時間の30分前)
※前期:6月8日(金)~7月1日(日)/後期:7月3日(火)~7月22日(日)
6月8日~6月30日の金曜日、土曜日は20:00まで開館
7月6日~7月21日の金曜日、土曜日は21:00まで開館
場所:京都国立近代美術館
〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町 TEL:075-761-4111
休館日:毎週月曜日(ただし、7月16日(月・祝)は開館し、7月17日(火)は閉館)
観覧料:一般1,500円(1,300円)大学生1,100円(900円)高校生600円(400円)( )団体20名以上
※中学生以下は無料。
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料
(入館の際に証明できるものをご提示下さい)。
※本料金でコレクション展もご覧いただけます。
※前売券は、3月1日から6月7日までの期間限定発売。
※ 巨匠チケット(横山大観展・東山魁夷展セット券) 一般のみ 2,500円(2枚組)
販売期間、チケット取り扱いは前売券と同じ
本展と「東山魁夷展」(8月29日~10月8日、当館)の一般観覧券、両展のチケットが収納可能な「チケットフォルダー」(非売品)がセットになったお得な前売り券です。
当館ミュージアムショップにてお引き換え下さい(引き換え期間:6月8日~10月8日)
主催:京都国立近代美術館、東京国立近代美術館、日本経済新聞社、毎日新聞社
後援:テレビ大阪
特別協賛:大和ハウス工業
協賛:京都美術工芸大学、ライブアートブックス
協力:あいおいニッセイ同和損保
横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催します。東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立。新時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋からさまざまなものが押し寄せる時代の中、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、時に改変を試みました。また主題についても従来の型から抜け出し注目を集めました。やがてこうした手法はさらに広がりを見せ、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を生み出しました。本展では《生々流転》(重要文化財、会期中巻き替えあり)や《夜桜》《紅葉》(いずれも展示期間は7月1日まで)をはじめとする代表作に、新出作品や習作などの資料をあわせて展示します。
[関連イベント]
開幕記念講演会 演題:「近代と闘う日本画の巨匠」
講師:古田亮(東京藝術大学美術館准教授)
日時:2018年6月9日(土)14:00─15:30
場所:京都国立近代美術館 1階講堂
定員:先着100名(当日10:00より1階受付にて整理券を配布します)
参加費:無料(本展の観覧券が必要です)
ナイトギャラリーツアー
日時:2018年6月16日(土)7月14日(土)各日 18:00~19:00
場所:京都国立近代美術館
定員:各日先着20名(当日17:00より1階受付にて整理券を配布します)
参加費:無料(本展の観覧券が必要です)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533