HP内の目次へ・検索もできます!  特別企画 『ジャズ・スピリットを感じて… 熊倉順吉の陶芸×21世紀の陶芸家たち展』

13656号      13658号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13657号 
特別企画
『ジャズ・スピリットを感じて… 熊倉順吉の陶芸×21世紀の陶芸家たち展』
特別企画 『ジャズ・スピリットを感じて… 熊倉順吉の陶芸×21世紀の陶芸家たち展』
日時:2018年3月10日(土)~2018年6月17日(日) 9:30─17:00
(ただし、陶芸館、信楽産業展示館への入館は16:30まで)
休園日:毎週 月曜日 (ただし、月曜日が祝日、および振替休日の場合はその翌日)
場所:滋賀県立陶芸の森 陶芸館
〒529-1804 滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188−7 TEL:0748-83-0909
観覧料:一般=600円(480円)高大生=450円(360円)中学生以下無料
※( )内は20人以上の団体料金
主催:滋賀県立陶芸の森 陶芸館
戦後の前衛陶芸は、新しい時代の情熱に溢れた作家たちのエネルギーに満ちていました。
伝統的な陶芸が主流であった中で、前衛陶芸のパイオニアのひとりとして造形的な作品を生み出していた熊倉は、常に何が伝統であるかを問いかけ、真の伝統の担い手とは、社会に根差し実験的で創造的な精神であると記しています。熊倉は強烈なサウンド、ジャズから時代精神を受け止め、ジャズの響きを土でうけとめようと試みる中で、信楽焼の日常のやきものの釉薬や技法をヒントに、新しく鮮烈な作品に仕上げました。
本展では、戦後の前衛陶芸を率いた熊倉順吉の陶芸と、1970年代のクラフトデザイン運動の盛り上がりの中、産地信楽から刺激を受けた日常の器もあわせて紹介します。
また、この企画を通して彼の熱い精神に触れ、信楽で滞在制作した若手作家たちの作品も併せて展示します。信楽でさまざまな刺激を受けジャズを時代の読む手がかりとしていた熊倉と同様に、21世紀の今、訪れた信楽でそれぞれの手法で時代を捉えながら制作を行う陶芸家たちの作品を紹介します。
[熊倉順吉(くまくら じゅんきち)プロフィール]
1920年京都に生まれる。1957年走泥社の同人となる。1959年滋賀県立信楽窯業試験場の嘱託となり信楽陶器のデザイン指導に携わりました。その頃より石油ストーブの普及が進み、火鉢の販売が低迷する産地信楽の命脈を探るべく、熊倉が信楽の大物ロクロの技術を生かした庭園陶器をデザインし、1963年「ガーデン・ファニチャー展」を東京で行い新しい信楽焼の発信に尽力しました。そして産地信楽は、徐々に植木鉢や庭園陶器の製造に転換していきました。熊倉のみずからの制作では、信楽の伝統的な火鉢の代名詞となっていた釉薬、海鼠釉をモダンなコーヒーセットやオブジェ作品に用いていきます。熊倉は作品制作においても産地からさまざまなインスピレーションを受けていたことがうかがえます。
[展示構成]
第一章
 ジャズに魅せられた熊倉順吉
第二章
 熊倉順吉の陶芸とクラフトデザイン
第三章
 信楽と関わった熊倉へのオマージュ 21世紀の陶芸家たち:陶芸の森創作研修館のゲスト、スタジオアーティストから/安藤郁子、石山哲也、田中哲也、今野朋子、村山まりあ、原菜央、福岡佑梨、谷口明子。
[関連企画]
①熊倉が訪れていた頃の信楽 写真展「50年前の信楽 海外に初めて信楽焼を紹介した研究者ルイズ・コート」(仮称)
第一会場:陶芸館ギャラリー、平成30年3月10日(土)~6月17日(日)
第二会場:FUJIKI(信楽地域連携拠点)平成30年3月10日(土)~4月15日(日)
②熊倉順吉の愛好していたナンバーを聞きながら~ジャズとともに作品を鑑賞
 ソニー・ロリーンズなど熊倉が好きだったアーティストからピックアップ。 
③ギャラリー・トーク(学芸員による展示解説)
 平成30年4月30日(月・祝)、5月27日(日)各日とも13:30~



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533