HP内の目次へ・検索もできます!   ◆『ブルーノ・タウト 幻の「生駒山嶺小都市計画」を追う』 -桂離宮を絶賛したドイツ人建築家が描いた、山上の理想都市- 講師:森康通氏(生駒市役所) ■[関連図書]

13632号      13634号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13633号 2018年3月21日
PDF ◆『ブルーノ・タウト 幻の「生駒山嶺小都市計画」を追う』 -桂離宮を絶賛したドイツ人建築家が描いた、山上の理想都市- 講師:森康通氏(生駒市役所) ■[関連図書] ◆『ブルーノ・タウト
   幻の「生駒山嶺小都市計画」を追う』
-桂離宮を絶賛したドイツ人建築家が描いた、
  山上の理想都市-
講師:森康通氏(生駒市役所)


日時:2018年4月7日(土)15:45─17:00 受付開始15:30
場所:なら100年会館小ホール(地下1階)
〒630-8115 奈良市三条宮前町7-1
会費:無料
定員:70名 当日先着順(申込み不要)
 どなたでも参加出来ます!
主催:公益社団法人 日本建築家協会近畿支部 奈良地域会
むかし、むかしこんなに近くにこんなにスゴイ計画があった!
生駒山嶺小都市計画
1933年から1934年にかけて、大阪電気軌道(近畿日本鉄道の前身)の依頼によりブルーノ・タウトが生駒山上に向け設計した、ホテル・貸別荘群・展望台等を含む小都市計画。当時の大阪毎日新聞に「二千尺の生駒に建つ“山の市街”」と掲載されるなど注目を集めたものの、計画の実現には至らなかった。この計画は、現在の生駒山上遊園地内生駒ケーブル生駒山上駅前・飛行塔周辺から各社送信設備がある南西方向に向かって設計されており、現有する周辺道路の一部形状が、当時の設計図面と完全に一致することが分かっている。
[ブルーノ・タウト]
1880年にドイツで生まれた建築家。ドイツでのジードルング(住宅団地)の建築で国際的な評価を得る。1933年に来日。桂離宮に日本の伝統美を見出し、これを世界的に広く紹介した事でも有名。日本では建築方面の仕事には恵まれなかったが、「ニッポン」「日本美の再発見」「タウトの日記」等、多くの著書を残した。1938年、没。
お問合せ先:公益社団法人 日本建築家協会近畿支部奈良地域会
〒630-8115 奈良市大宮町二丁目5番7号
奈良県建築士会館
TEL:0742-30-313
[関連図書]
桂離宮に日本の伝統美を見出した書籍!
POD版(プリント・オンデマンド)注文受注制
■タウト全集 第六巻 『アルプス建築』-本編・解説編-

原本・

著:ブルーノ・タウト
訳:水原徳言
発行:育生社弘道閣
発行日:昭和19年2月25日初版
定価:弐拾壱圓弐拾八銭

復刻・
発行:大龍堂書店
発行日:平成25年10月25日
定価:(本体2,800円+税)
A4・98p(本編52p・解説編46p)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533