HP内の目次へ・検索もできます!  ▲瀬戸内Archiシンポジウム 『せとうちアーキツーリズムの魅力と可能性』 ▼『「岡山県庁舎」(設計:前川國男)見学会』

13562号      13573号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13563号 2018年2月23日
PDF▲瀬戸内Archiシンポジウム 『せとうちアーキツーリズムの魅力と可能性』 ▼『「岡山県庁舎」(設計:前川國男)見学会』 ▲瀬戸内Archiシンポジウム
『せとうちアーキツーリズムの魅力と可能性』

日時:2018年3月10日(土)14:00─16:30分(開場13:00)
場所:山陽新聞社 さん太ホール
〒700-8634 岡山県岡山市北区柳町2-1-1
 TEL:086-803-8222

定員:300名程度(事前申込)
入場料:無料
主催:瀬戸内近現代建築魅力発信協議会
[瀬戸内7県(兵庫、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、せとうち観光推進機構]
協力:おかやま建築5会まちづくり協議会、岡山市スポーツ・文化振興財団
戦後における自由な思想と建築技術の発展を背景として創り出された瀬戸内の建築作品の魅力や観光資源としての可能性について語り合う。
[基調講演]
「瀬戸内に展開された戦後近代建築の意味」松隈洋(京都工芸繊維大学教授)
「瀬戸内モダン建築巡礼」 磯達雄(フリックスタジオ共同主宰)
「瀬戸内で、ケンチクを巡る旅へ!」白井良邦(せとうちホールディングス執行役員)
 
[パネルディスカッション]
ケンチク女子と語るせとうちアーキツーリズムの魅力と可能性
▼[関連イベント]▼
▲瀬戸内Archiシンポジウム 『せとうちアーキツーリズムの魅力と可能性』 ▼『「岡山県庁舎」(設計:前川國男)見学会』 ▼『「岡山県庁舎」(設計:前川國男)見学会』

日時:2018年3月10日(土)10:00~10:40
 (県庁前広場に9:45集合)
場所:岡山県庁舎
〒700-8570 岡山市北区内山下2-4-6
 TEL:086-224-2111

定員:50名程度(事前申込、申込先着順)
参加費:無料
お問合せ先:岡山県土木部都市局建築指導課
TEL:086-226-7499、FAX:086-231-9354
kenshinsa@pref.okayama.lg.jp



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533