HP内の目次へ・検索もできます!  『松井沙都子 個展「抽象住宅-ワンルーム-」』

13528号      13583号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13529号 2018年2月6日
『松井沙都子 個展「抽象住宅-ワンルーム-」』
『松井沙都子 個展「抽象住宅-ワンルーム-」』『松井沙都子 個展「抽象住宅-ワンルーム-」』
                        2015 年Gallery PARC での個展風景
日時:2018年2月13日(火)~ 2月18日(日) 12:00─19:00(最終日18:00)
休廊日:月曜日
場所:ギャラリー恵風 1F
http://g-keifu.com/access/
〒606-8392 京都市左京区聖護院山王町21-3  TEL:075-771-1011
※京都市左京区丸太町通東大路東入ル南側
入廊料:無料
主催:松井沙都子
京都のギャラリー恵風において、美術作家 松井沙都子の個展を開催いたします。
私、松井沙都子は、1981 年大阪府生まれ、2017 年に京都市立芸術大学博士課程(油画領域)において博士号(美術)を取得し、現在、関西を中心に美術作品の制作発表を行っています。
本展では、かねてより制作を行ってきた、住宅をモチーフにした立体造形作品シリーズの新作一点をメインに展示します。また本展で初めて、展覧会名に「抽象住宅」という言葉を用いました。絵画でも彫刻でもない「抽象住宅」という新しい美術表現として自身の作品を位置付けます。
この機会に、幅広い方々にご高覧いただけますよう、ご案内申し上げます。
詳しくは:
[展覧会ステイトメント]
「抽象住宅」とは、住宅の要素を抽出した抽象的な美術作品のことです。この数年、私は住宅をモチーフにしたインスタレーション作品を作ってきました。ここでいう住宅とは物理的な建築物というだけではなく、暮らしの場という側面も含むものです。そのような作品を「具体的な住宅」の「抽象」と位置づけ「抽象住宅」と名付けました。
本展覧会では「ワンルーム」をモチーフにした新作を展示します。
[松井沙都子 プロフィール]
1981 年 大阪府出身
2006 年 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了
2015 年 京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程油画領域 満期退学
2017 年 博士号(美術)取得 (京都市立芸術大学)
〈主な個展〉
2015 年9月 「ブランクの住空間」(Gallery PARC/京都市)
2013 年8 月 TWS-Emerging 206「Blind Place」(トーキョーワンダーサイト本郷/東京都)
〈主なグループ展〉
2016 年4 月 「TEMPEL/MATERIAL」 (大徳寺黄梅院/京都市)
2016 年1 月 「幻想の質量」 (2kw gallery/大阪市)
2015 年3 月 「Visual Sensation vol.6」(Gallery Den mym/京都府相楽郡南山城村)
2014 年11 月 「はならぁと こあ」 ならきたまちエリア「在り処をみる」(工場跡/奈良市)
http://matsui-satoko.com



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533