HP内の目次へ・検索もできます!  奈良国立博物館 特別展・特別陳列 『お水取り』

13513号      13519号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13518号 2018年2月1日
PDF奈良国立博物館 特別展・特別陳列 『お水取り』奈良国立博物館 特別展・特別陳列
『お水取り』

日時:2018年2月6日(火)~3月14日(水)
 9:30─17:00(金・土は20:00)

休館日:2月19日(月)26日(月)
※2月8日(木)11日(日)~14日(水)は20:30 2月9日(金)10日(土)は21:00まで開館
(「なら瑠璃絵」開催期間中)※3月1日(木)4日(日)~8日(木)11日(日)13日(火)14日(水)
18:00まで開館(二月堂 お松明の期間)
※3月12日(月)は午後7時まで開館(二月堂 籠松明の日)
※いずれも入館は閉館の30分前まで
場所:奈良国立博物館 東新館
〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50
観覧料:一般520円(410円) 大学生260円(210円)
※高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
※団体料金は20名以上です。
※中学生以下の子どもと一緒に観覧される方は、団体料金が適用になります。[子どもといっしょ割引]
※2月22日(木)はご夫婦で観覧される方は半額となります。[夫婦の日割引]
※この観覧料金で、同時開催の特別陳列「薬師寺の名画」(西新館)名品展「珠玉の仏教美術」(西新館) 「珠玉の仏たち」(なら仏像館)・中国古代青銅器[坂本コレクション](青銅器館)もご覧になれます。
※2月6日(火)~3月9日(金)の午前中までの間、東大寺二月堂・東大寺ミュージアムにおいて配布される無料券をご持参の方は3月7日(水)8日(木)9日(金)に限り1回につき2名様まで本展を無料で観覧できます。
主催:奈良国立博物館、東大寺、仏教美術協会
出陳品 69件(うち重要文化財20件)
奈良に春を呼ぶ行事とされる東大寺二月堂の「お水取り」は、正式には修二会(しゅにえ)といい、春を言祝(ことほ)ぐ仏教法会です。夕刻に二月堂へ向かう練行衆(れんぎょうしゅう)(参籠僧)の足下を明々と照らす「お松明」がよく知られていますが、法会の中心となるのは本尊・十一面観音菩薩に日頃の罪過を懺悔(さんげ)して五穀豊穣・除災招福を祈る「悔過(けか)」という儀式です。
「お水取り」は天平勝宝4年(752)に東大寺の実忠和尚が創始したと伝えられています。それ以来、一度も絶えることなく「不退の行法」として、戦乱や火災などの危機を乗り越えながら、1260年を超える伝統を守り続けてきました。高名な「お水取り」の儀式は3月12日の深夜に行われますが、実際には2月20日から月末までの前行(準備・潔斎期間)と3月1日から14日(15日未明)の本行とを合わせた約1ヶ月の間、様々な儀礼を執り行います。
本展は、毎年「お水取り」がおこなわれる期間に合わせて開催する恒例の企画です。法会に用いられた法具や、儀式の様子を伝える文書、東大寺ゆかりの絵画、出土品などを通じて奥深い「お水取り」の世界をご堪能いただければ幸いです。
[公開講座]
日時:2018年2月17日(土)

演題:「不退の行法、東大寺修二会(お水取り)」
講師:北河原公敬 師(東大寺長老)
[関連催事]
日時:2018年2月10日(土)

「お水取り『講話』と『粥』の会」
ボランティア解説 当館ボランティアが、展示のミニ・ツアー解説をおこないます。
日時:2018年3月1日(木)~3月14日(水)の毎日 14:00~(約30分)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533