HP内の目次へ・検索もできます!  がくげいラボ vol.5 宮崎晃吉×森純平×矢津吉隆 『アートと不動産 住みたいのは、想像を超える非日常が潜んでいるまち』  ◎関連書籍

13487号      13494号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13488号 2018年1月22日
がくげいラボ vol.5 宮崎晃吉×森純平×矢津吉隆
『アートと不動産 住みたいのは、想像を超える非日常が潜んでいるまち』
 がくげいラボ vol.5 宮崎晃吉×森純平×矢津吉隆 『アートと不動産 住みたいのは、想像を超える非日常が潜んでいるまち』  ◎関連書籍
日時:2018年2月17日(土)15:00~17:00(14:30開場)
場所:学芸出版社3階セミナールーム
〒600-8216 京都市下京区木津屋橋通西洞院東入 TEL:075-343 0811
会費:1,000円
※懇親会(同会場17:30~19:00)は別途1,500円必要(軽食・ドリンク付)
定員:60名
主催:学芸出版社
美術家の矢津吉隆が、美術を“体験”として深く味わうための宿泊型のアートスペースとして、2015年にオープンした「KYOTO ART HOSTEL Kumagusuku」。そのエッセンスを詰め込んだ初の書籍が、2018年12月に学芸出版社より出版される予定です。
本イベントでは、書籍に収録する鼎談の一部を公開。東京都台東区谷中にある文化複合施設「HAGISO」の代表・宮崎晃吉と千葉県松戸のアーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」の代表・森純平が、矢津とともに「アートと不動産」を語ります。
いずれも1980年代生まれの3人が、美術家や建築家としてアートの手法をいかに不動産やまちづくりに結びつけたのか。アートのインフラを整備するために、不動産はどんな可能性をもつのか。
理想と現実の間で模索を続ける実践者たちが、本音で語り合います。
詳細・お申し込み先:
http://i.r.cbz.jp/cc/pl/daax9784/t4infjruo736/z40vyv5s/
◎関連書籍
『まちのゲストハウス考』
真野洋介・片岡八重子 編著
<小さな宿から始まる地域の粋なストック活用>
『まちづくりの仕事ガイドブック まちの未来をつくる63の働き方』
★宮崎晃吉さんにも寄稿いただきました★
饗庭伸、小泉瑛一、山崎亮 編著
<デザイナーから公務員、起業のススメまで!>
2018年1月20日の弊社オープンオフィスにお越しいただいた方、誠にありがとうございました。
無事、盛況のうちに終えることができました。
残念ながらご都合がつかなかった方も、上記セミナーなどにお越しの機会には、ぜひオフィスもちらっとご覧ください。
★近日中に下記にて、オープンオフィスと講演の様子をレポートします!
学芸出版社社屋改修レポート|note:



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533