HP内の目次へ・検索もできます!  出版記念セミナー<関西編> 『密集市街地の防災と住環境整備』 ・関連図書

13480号      13482号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13481号 2018年1月18日
出版記念セミナー<関西編>
『密集市街地の防災と住環境整備』

出版記念セミナー<関西編> 『密集市街地の防災と住環境整備』 ・関連図書
日時:2018年2月9日(金)19:00~21:00(18:30開場)
    その後交流会あり(実費)
場所:大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49
定員:50名
参加費:1,000円 ※当該書籍を持参、当日購入された方は会費無料
主催:学芸出版社
UR都市機構が取り組んだ15の事業手法を総覧した『密集市街地の防災と住環境整備』を、2017年11月に刊行しました。本書では、道路拡幅や共同化、防災公園整備、住民の生活再建策や合意形成手法、自律更新の誘発まで、35年に及ぶUR都市機構の多様な課題解決へのアプローチを詳細に解説しています。出版を記念し11月に東京で行われた密集市街地再生フォーラム2017に続き関西セミナーを開催いたします。今回は中迫悟志門真市副市長、関西大学の岡絵理子先生をお迎えしてUR都市機構が取り組んできた密集市街地整備の実際を、関西での事例も含め、今改めて振り返ります。加えて、今後懸念される南海トラフ巨大地震に向けた市街地の防災性向上、住環境整備の展望を掴むべく議論を深めていきたいと思います。
登壇者
【取り組み紹介・書籍紹介】

大野 新五(おおの・しんご)/独立行政法人都市再生機構都市再生部事業管理第1課主幹。
【トークセッション】
岡 絵理子(おか・えりこ)/関西大学環境都市工学部建築学科教授。
中迫 悟志(なかさこ・さとし)/門真市副市長。
林 和馬(はやし・かずま)/(株)URリンケージ 密集市街地プロジェクトマネージャー(基盤整備部長)。
塩野 孝行(しおの・たかゆき)/独立行政法人都市再生機構西日本支社副支社長。
詳細・お申し込みはこちら
◎関連書籍
『密集市街地の防災と住環境整備 実践にみる15の処方箋
UR密集市街地整備検討会 編著 学芸出版社
<UR都市機構による地域防災事業35年の全貌>
ひとたび火災や地震が起これば脆弱さが露呈する密集市街地。日常を快適に暮らしつつも、災害で生存を危ぶまれることのない都市の再編に向けてUR都市機構が取り組んだ15の事業手法を総覧。道路拡幅や共同化、防災公園整備、住民の生活再建策や合意形成手法、自律更新の誘発まで。35年に及ぶ多様な課題解決へのアプローチ。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533