HP内の目次へ・検索もできます!  学生がつくる大阪新美術館・enocoのコレクション展 『20世紀の写真芸術』

13369号      13383号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13371号 2017年11月27日
PDF学生がつくる大阪新美術館・enocoのコレクション展 『20世紀の写真芸術』
学生がつくる大阪新美術館・enocoのコレクション展
『20世紀の写真芸術』


日時:2017年11月22日(水)~12月16日(土)
    11:00─19:00

休館日:月曜日
場所:大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco] 4階
     ルーム1,2
入場料:無料
主催:大阪新美術館建設準備室、
    大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco]
後援:朝日新聞社
助成:一般財団法人地域創造
この度、大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco]では、大阪新美術館建設準備室と共同しコレクション展「20世紀の写真芸術 学生がつくる大阪新美術館・enocoのコレクション展」を開催します。
今日、SNSをはじめデジタルコミュニケーションの驚異的な発達によって、写真画像は日常にあふれ、それなしでの生活は想像さえできません。そのような中で新しい美術館を整備中の大阪市と、美術作品を収集してきた大阪府もそれぞれ特徴的な写真作品のコレクションを形成してきました。
大阪市の新美術館コレクションは、第二次世界大戦前から大戦後に大阪を中心に活躍した浪華写真倶楽部や丹平写真倶楽部の写真家たちの作品と、ほぼ同じ時代のヨーロッパで前衛的な活動をした作家たちの作品、そして現代作家たちの作品を中心として形成されています。一方、大阪府では大阪で活躍した写真家たちと、1990年に開催された国際花と緑の博覧会の際のパビリオン「花博写真美術館」に展示された日本および世界の写真家たちの作品をコレクションしています。この二つのコレクションから厳選された100点あまりの展示により、写真文化の原点とその歴史の豊かな多様性をご紹介します。
本展は、芸術にかかわる仕事に興味のある学生が、外部研修生(インターン)に応募して、参加するワークショップの一環として実施するものです。
このワークショップは、参加者それぞれが美術館(大阪新美術館建設準備室)とアートセンター(江之子島文化芸術創造センター)の活動の可能性を知り、主体的に関わるきっかけとなること、そして、その関わり方を自ら見いだす場となることをめざしています。
あわせて、展覧会づくりに必要な知識や技術を習得し、アートの専門性と市民の感覚の違いを体験しながら、その融合について考える機会となることを目的としています。
[関連イベント]
『ピンホールカメラでとってみよう!』
自分でピンホールカメラを作って、そのカメラで撮影、現像、プリントします。完成した
写真は会期中展示会場に展示します。※作ったピンホールカメラはお持ち帰りいただけます。
参加費:無料(要事前申込制)
日時:20917年12月10日(日)13:00-16:30
対象:小学生
※小学校3年生以下は要保護者同伴
持ち物:お菓子の箱(130mm×180mm以上の大きさで蓋付きの箱が望ましい)
場所:大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco]  2階/ルーム11

お申込方法:お名前、年齢、日中連絡のつく電話番号、参加希望日を書いて、メールまたはFAXにて「ピンホールカメラワークショップ申込」係まで。
FAXの場合は返信用 FAX番号も記入してください。
art@enokojima-art.jp FAX:06-6441-8151
※定員に達し次第、受付終了いたします。
※いただいた個人情報は当イベントの連絡のみに使用します。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533