HP内の目次へ・検索もできます!  Club Tap フィールドセミナー 2017年 『笠原一人氏とめぐる村野藤吾のホール建築』
        -米子市公会堂・宇部市渡辺翁記念会館・北九州市立八幡市民会館・日鉄住金ロールズ工場-

12773号      12783号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12781号 2017年2月25日
Club Tap フィールドセミナー 2017年 『笠原一人氏とめぐる村野藤吾のホール建築』 -米子市公会堂・宇部市渡辺翁記念会館・北九州市立八幡市民会館・日鉄住金ロールズ工場- Club Tap フィールドセミナー 2017年

『笠原一人氏とめぐる
       村野藤吾のホール建築』

-米子市公会堂・宇部市渡辺翁記念会館・
 北九州市立八幡市民会館・日鉄住金ロールズ工場-


日時:2017年3月7日(火)~8(水) *雨天決行
集合:11:20 JR米子駅 改札前(一ヵ所) *時間厳守
解散:17:30頃 JR九州工大前駅(予定)

主催:Club Tap
今回訪問する米子市公会堂は、かつて存亡の危機にあった時市民の声や運動により見直しがおこり、再び日常の“場”として活躍しています。また、宇部市渡辺翁記念会館も大規模な修繕を経て現在も往時の姿をよくとどめ、名演奏 家からの折り紙付きの音響も評判となっています。2005年には国の需要文化財に指定されました。3つ目の北九州 市立八幡市民会館は閉館中ですが、その存続を願う立場から外観見学をします。これらの村野藤吾によるホール建築を、「矛盾するものの共存、あるいは拮抗するものの調和」と提唱する笠原一人氏(京都工芸繊維大学助教)が解説と案内をします。また最近、膨大な村野藤吾の設計図面の中から笠原一人氏が確認し 現役であることが判明した『幻の工場』日鉄住金ロールズも特別見学の予定です。「これらの村野藤吾によるホール建築を、「矛盾するものの共存、あるいは拮抗するものの調和」と提唱する笠原一人氏(京都工芸繊維大学助教)が解説と案内をします。また最近、膨大な村野藤吾の設計図面の中から笠原一人氏が確認し 現役であることが判明した『幻の工場』日鉄住金ロールズも特別見学の予定です。普段は見学謝絶の施設です。
講師:笠原一人氏 (京都工芸繊維大学助教)
[スケジュール]:
日時:2017年3月7日(火)─
(1)米子市公会堂(1958 年)
【移動】宇部へ
【夕食】ピアニッシモ(宇部市文化会館内:渡辺翁記念会館隣接)
【宿泊】ANAクラウンプラザホテル宇部(宇部興産ビル/1983 年)
日時:2017年3月8日(水)─
【朝食】
【講義】
(2)宇部市渡辺翁記念会館(1937 年)
【移動】八幡へ
(3)北九州市立八幡市民会館(1958 年)
【移動】戸畑へ
(4)日鉄住金ロールズ工場 (旧日本製鉄八幡製鉄所ロール加工工場/1941 年)
参加費:(A)30,000円+(B)各自負担:電車代・昼食代
※(A)宿泊費、夕食代、朝食代、タクシ―代、見学お礼、講義会場費、 傷害保険代など
 (B)電車代:ご自身の出発地~全行程~帰着地まで
昼食:移動の電車車中にて弁当など (詳しくは下記★旅の詳細 を参照)
定員:15名 移動:電車・タクシー・徒歩少々
主催:Club Tap
★[講師からのコメント]
【米子市公会堂(1958 年)】
コンクリートの柱梁をむき出しにしたモダニズム建築に特有のデザイン。ピアノをイメージした形態だという。しかしその構造的な力強さを打ち消すかのように、タイル貼りの薄い皮膜のような壁面が繊細でやわらかな 表情をつくり出しているのが面白い。2009年に耐震性に大きな問題があることが発覚したが、保存活用を求める市民の声が高まり、耐震改修が行われて2014年にリニューアルオープンした。
【ANA クラウンプラザホテル宇部(宇部興産ビル/1983 年)】*宿泊
宇部全日空ホテルとして建設された村野最晩年の作品。一見地味な姿の建物に見えるが、近寄って見ると、すぐさま村野独自の技巧に満ちたデザインが目に入る。内部も晩年の村野ならではのデザインが随所に見られる。1 階のピロティ部分には、当初大きな人工池と歯ブラシの広告から着想を得た人の歯のようなモチーフの照明器具があったが、現在は池とともに除去されて駐車場となっている。
【宇部市渡辺翁記念会館(1937 年)】
宇部における村野の最初の作品。モダニズムの手法でデザインされているが、建物全体が茶色いタイルで覆われた重厚なもので、また線対称の構成で建物前に列柱が並ぶ様はギリシア神殿のような風貌をしており、モダニズムと古典主義が融合したデザインとなっている。この建物が竣工した1937 年から、日本では戦時下の鉄鋼規制により、鉄筋コンクリートの建物はほとんど建てられなくなる。その規制が始まる直前に完成した、いわば戦前期最後の村野渾身の豪華建築である。1930 年代のモダニズム建築として最初に国の重要文化財に指定された。
【北九州市立八幡市民会館(1958 年)】
薄い屋根を載せた茶色いタイルを貼った鉄筋コンクリートの明快なボリュームが、二層の列柱に支えられるようにして建っている。その姿はギリシア神殿など古典主義の建築のようにも見える。モダニズムと古典主義が共存する村野らしい建築。現況については別紙<八幡市民会館(『住宅建築』2017年2月号より)>を参照。
【八幡製鉄所(現・日鉄住金ロールズ)ロール加工工場(1941年)】
2017年1月9日の朝日新聞(西部本社版)のスクープ記事により、現存していることが明らかになった建物。京都工芸繊維大学が図面を所蔵していたことで、この発見につながった。当時は戦時下で、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の建物は建てられない時期。八幡製鉄所の建物だからこそ実現したものである。それが 76年間、今も現役で使われ続けていることに驚かされる。構造的合理性と採光を追求した建物で、プロ ポーションが美しいのが特徴。
★旅の詳細
【旅程】
日時:2017年3月7日(火)=[集合]JR米子駅~米子市公会堂(見学)~米子駅~(岡山・新山口経由にて宇部へ)~ JR宇部新川(着)~(夕食)~(宿泊)
日時:2017年3/8(水)=(朝食)~(講義)~宇部市渡辺翁記念会館(見学)~JR宇部新川~JR八幡~北九州市立八幡市民会館(外観)~JR八幡~JR九州工大前~日鉄住金ロールズ工場 (見学)~[解散]JR九州工大前駅
【食事】
日時:2017年3月7日(火)=昼食:電車車中でお弁当など 夕食:ヘルシーレストラン・ピアニッシモ(懇親会兼ねる)
日時:2017年3月8日(水)=朝食:ホテルの朝食 昼食:電車車中でお弁当など 〆のお茶:JR九州工大駅近辺にて
【宿泊】
日時:2017年3月7日(火)=ANAクラウンプラザホテル宇部 〒755-8588 山口県宇部市相生町8-1 TEL:0836-32-1112 各シングルを使用 (*荷物を前もって送る場合は、宿泊日を必ずご記入)
【乗車の電車】
日時:2017年3月7日(火)=(1)【集合前のおすすめ電車】 JR伯備線・岡山(特急やくも5号・②番線) 9:04~米子(着)11:17 ⇒【集合】 米子駅11:20 改札口(※一ヵ所)
(2)JR米子 (特急やくも18号③番線)13:25~JR岡山(着)15:39~(新幹線へのりかえ㉒番線) のぞみ33号 岡山15:51~新山口(着)16:57~(山陽本線普通へのりかえ) 新山口17:10~宇部(着)17:33~(宇部線へのりかえ)~宇部17:40~宇部新川(着)17:50
日時:2017年3/8(水)=(3)JR 宇部新川(宇部線普通)11:26~宇部(着)11:39~(山陽本線普通へのりかえ)~宇部11:50~下関(着)12:35~(山陽本線・鹿児島本線普通へのりかえ②番線)~下関12:
38~小倉(着)12:51~(鹿児島本線普通へのりかえ⑤番線)~小倉12:56~八幡(着)13:15
(4)八幡14:33~九州工大前(着)14:42~ ⇒【解散】九州工大前駅
【電車の切符購入】
※合計(通常運賃)=14,460- (内訳)乗車券=米子~岡山~新山口~小倉~八幡 ¥8,250- 宇部~宇部新川 @400×2 小計=¥9,050-
特急指定券=米子~岡山 ¥1,340- 岡山~新山口 ¥4,070- 小計=¥5,410-
※各自で前もって必ず購入をお済ませください。(乗り継ぎ時間が少ないため。)
集合地から見学のもっとも遠い駅までの金額を表示しています。(一番有利な購入方法をJRに確認済) ただし、ご自身の出発地から集合地まで、解散地からご自身の帰着地までのルートをご確認の上 あと先の切符を含めて手配されると有利です。また、新幹線と在来線の特急券が続いて必要な場合は 在来線の特急券が半額になりますので同時にお買い求めください。
★お申込方法など
・旅の成立の可否やホテルの部屋数を決めるにあたり、ご希望は早めにお寄せください。
・予定は決まっていないが、状況が許せば行きたいと検討中の方も仮予約ができます。
・行程途中からの参加も受付ます <スケジュール>をご覧の上、日程・合流場所(<参加申込書>に記入)をお知らせ ください。参加スタイルに沿った参加費(A)を調整・ご連絡します。
・手続=(1)<参加申込書>をお送りください。(2)Club Tapより確認メール返信(3)参加費(A)をお送りください。
~旅と遊びを共有する~
Club Tap
〒569-1115 高槻市古曽部町 1-24-18
TEL&FAX:072-683-7700 携帯:090-7097-6497
club-tap@outlook.jp



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533