HP内の目次へ・検索もできます!  『鈴木其一 SUZUKI KIITSU 江戸琳派の旗手』

12583号      12589号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12588号 2016年12月3日
『鈴木其一 SUZUKI KIITSU 江戸琳派の旗手』
『鈴木其一 SUZUKI KIITSU 江戸琳派の旗手』
日時:2016年11月12日(土)~12月25日(日)10:00─17:00 (入場16:30)
休館日:月曜日
場所:姫路市立美術館「姫路城東隣」
〒670-0012姫路市本町68-25 TEL:079-222-2288
観覧料:一般1200円(900円)大学・高校生600円(400円)中学・小学生200円(100円)
※( )内は20人以上の団体料金
※同展入場券で常設展示室もご覧いただけます。
※療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または身体障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名については、手帳を提示いただくことにより、常設展は免除、企画展は半額です。
主催:姫路市立美術館、読売新聞社
19世紀前期の江戸において、江戸琳派の優美な画風を基盤にしながら、斬新で独創的な作品を描いた画家として近年大きな注目を集めている鈴木其一(1796~1858)。その其一画の全容を捉え、豊穣な魅力を伝える初の大回顧展を開催いたします。
19世紀前期の江戸において、江戸琳派の優美な画風を基盤にしながら、斬新で独創的な作品を描いた画家として近年大きな注目を集めている鈴木其一(きいつ)(1796~1858)。その其一画の全容を捉え、豊穣な魅力を伝える初の大回顧展を開催いたします。
江戸初期の京都で俵屋宗達(17世紀前期に活躍)が創始した琳派は、尾形光琳(1658~1716)を経て、江戸時代絵画の中でも最も華麗な装飾様式として確立されました。その約100年後に、江戸の地で琳派の再興を図ったのが酒井抱一(1761~1828)です。彼は京都の琳派様式からさらに写実的で洗練された草花図を描くようになり、後に江戸琳派と呼ばれる独自の様式を確立しました。その抱一の最も秀でた弟子が其一です。其一は1813(文化10)年、抱一に入門。
4年後に兄弟子で酒井家家臣の鈴木蠣潭の急死を受け、鈴木家の家督を継ぎました。多くの抱一門弟の中でも特に優れた画才を発揮、早くから師抱一の厚い信頼を得ていました。抱一が没して以降は、一門の中でも圧倒的な存在感を示し、多くの弟子を育成して江戸琳派の存続に大きく貢献しました。
本展では江戸琳派画風を習得する弟子時代から晩年に至るまで、其一の生涯と画風の変遷を丁寧に辿ります。日本国内の代表的な作品はもとより、アメリカのファインバーグ・コレクションからも《群鶴図屏風》をはじめとする代表的な作品が出品されます。[姫路市立美術館]

資料・姫路市立美術館

DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533