HP内の目次へ・検索もできます!  『前川國男の現代における意味-没30周年を迎えて』 -講師:大宇根弘司,青木淳,森まゆみ,松隈洋-   [関連図書]

12572号      12574号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12573号 2016年11月26日
『前川國男の現代における意味-没30周年を迎えて』 -講師:大宇根弘司,青木淳,森まゆみ,松隈洋-   [関連図書]
『前川國男の現代における意味-没30周年を迎えて』
-講師:大宇根弘司,青木淳,森まゆみ,松隈洋-


日時:2016年12月9日(金)
 18:30-21:30(18:00受付開始)

場所:JIA館1階・建築家クラブ
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-3-18JIA館 http://www.jia.or.jp/map.html
TEL:03-3408-7125  FAX:03-3408-7129

参加費:1,500円(飲食代込)*学生は無料
申込:要予約
主催:JIA関東甲信越支部金曜の会
講師:
大宇根弘司(建築家)/司会
青木淳(建築家)
森まゆみ(作家、編集者)
松隈洋(建築史家)
日本の近代建築の先駆者であった前川國男が没して今年は30周年にあたります。
その仕事は高い評価を得てきましたが、近年老朽化と併せて機能の更新に直面しています。どう対処することが望ましいのか。又前川國男は技術の重要性を強く訴え様々の取り組みを行いました。それらは今どう評価すべきか。建築家の責任についても警鐘をならし、それを全うするために社会制度の改革を訴え、日本建築家協会を足がかりに献身的努力をされましたが、今どの様な状況になっているのか。この機会にその様な事を問い直してみる必要があると思われます。
お申込先:金曜の会・大出 f-mtg@hidakaoffice.com
詳しくは:http://www.jia-kanto.org/members/event/event_m/lecture/kinkyounokai_1209.html
前川國男のプロフィル:http://www.maekawa-assoc.co.jp/page/founder.htm
[関連図書]
■注文受注制 POD版
『プロセス・アーキテクチュア no.43』 -前川國男の特集号 近代日本建築の源流‐

編集・発行:プロセス アーキテクチュア・室谷文治
復刻版:京都建築研究会
特価:(本体2,900円+税)A4・162p



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533