HP内の目次へ・検索もできます!  竹中大工道具館 平成28年度「技と心」講演会 『実践左官学』-空間を設えるための備え- 講師:久住誠(左官職人、久住左官代表)

12456号      12464号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12463号 2016年9月28日
竹中大工道具館 平成28年度「技と心」講演会 『実践左官学』-空間を設えるための備え- 講師:久住誠(左官職人、久住左官代表)竹中大工道具館 平成28年度「技と心」講演会
『実践左官学』
-空間を設えるための備え-
講師:久住誠(左官職人、久住左官代表)

日時:2016年10月2日(日)13:00─15:30
場所:ラッセホール
〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通4-10-8
※ 神戸市営地下鉄「県庁前駅」より徒歩5分
定員:先着200名
聴講料:無料・申込不要
主催:竹中道具館
幼少より左官修業に幼少より左官修業に勤しみ、20歳の頃には一通りの技術を修得していた久住誠は、それでも伝統工法の仕事を極めようと京都に居を移しました。京では技術は出来て当然であり、その上で調和が求められる世界でした。左官の知識だけでは足りず、他の仕事や素材を熟知し、そこで何が求められているのかを見抜く力が大切なのです。伝統を知りながらも束縛されず、如何に自由に振舞えるのだろうか。そんな久住氏の挑戦について語って頂きます。
[講師プロフィール・久住誠(くすみまこと)]
1974年淡路島生まれ。祖父の代から続く左官の家に生まれ育つ。幼少の頃から修行に入り、高校生の頃には実務に就いていた。23歳で久住左官を設立し、京都御所、桂離宮、金閣寺茶室などの名跡に携わるとともに象設計集団などの現代建築の仕事も請けてきた。2004年に参加したダンス白州でダンサー・舞踏家の田中泯に出会い、新国立劇場で行われた独舞「赤光」の舞台の制作などを担当する。
詳しくは
http://www.dougukan.jp/event/thesakan



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533