HP内の目次へ・検索もできます!  国立カイロ博物館所蔵 『黄金のファラオと大ピラミッド展』

12370号      12372号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12371号 2016年8月9日
国立カイロ博物館所蔵 『黄金のファラオと大ピラミッド展』国立カイロ博物館所蔵
『黄金のファラオと大ピラミッド展』


日時:2016年10月1日(土)~12月25日(日)
 10:00~18:00 (毎週金曜日は19:30)

休館日:月曜日(ただし祝日は開館、翌日休館)
※入場はそれぞれ閉室の30分前まで
場所:京都文化博物館 4階・3階特別展示室
〒6048183 京都市中京区高倉通三条上る東片町623-1
 TEL:075-222-0888
入場料:一般:1,500(1,300)円、大高生:1,200(1,000)円、
 中小生:500円(400円)
*( )内は、前売券および20名以上の団体料金
※障がい者手帳等をど提示の方と付き添い1名までは無料
※学生料金で入場の際には学生証をど提示ください
*上記料金で、2階総合展示と3階フィルムシアターもご覧いただけます。
主催:京都府、京都文化博物館、MBS、毎日新聞社
後援:外務省、エジプト大使館、京都府観光連盟、京都市観光協会、KBS京都、 エフエム京都
協賛:大和ハウス工業、JR西日本
協力:国立カイロ博物館、エジプト・アラブ共和国考古省、学校法人昌平黌 東日本国際大学、NPO法人太陽の船復原研究所、日本エジプト学会、早稲田大学エジプト学研究所広報部、独立行政法人国際協力機構(JICA)、カタール航空、ルフトハンザカーゴAG、日本通運、公益財団法人古代学協会
監修:吉村作治(東日本国際大学学長・早稲田大学名誉教授・工学博士)
企画協力:アケト企画制作:TBSテレビ
はるか4500年前、古代エジプトにビラミッドが建設された大いなる時代から今に遣る至宝の数々。その世界一のコレクションを誇る国立カイロ博物館から、「アメンエムオぺト王の黄金のマスク」や「クフ王の銘が入った彫像」、美しく壮麗な「彩色木棺」など、監修者の吉村作治氏が選び抜いた100点あまりの傑作を紹介します。ツタンカーメンのマスクやルクソール神殿などの高精細4Kシアターも必見です。宇宙からも見えるという巨大なビラミッドとそれを建設した偉大なフアラオたち、そして同時代に生きた人々など、古代エジプトの壮大なドラマに迫ります。
[関連イベント]
①講演会「古代エジプト文明への招待」-カイロ博物館に観るフアラオと神々の世界-
日時:2016年10月8日(土)10:30~12:00
講師:宮本純二氏(京都橘大学講師・エジプト学)
場所:当館3階フィルムシアター
定員:170名
参加費:無料(ただし本展覧会入場券〈半券可〉が必要)
②ワークショップ「ヒエログリフの秘密」古代文字であなたの名前を書いてみよう!
日時:2016年11月26日(土)15:00~16:30
講師:宮本純二氏(京都橘大学講師・エジプト学)
会場:当館別館2階講義室
定員:30名
参加費:無料(ただし本展覧会入場券〈半券可〉が必要)
③ギャラリートーク
日時:2016年10月14日(金)、10月28日(金)、11月11日(金)、12月2日(金)
各日18:00~展示室内にて約30分

事前申込み不要、当日の入場者に限ります。
▲申込み方法【イベント①と②は要事前申込み、先着順。参加者1名毎にお申込みください】
往復はがきに住所、氏名(返信面にも)、電話番号、希望イベント名・番号を明記し、京都文化博物館「大ビラミッド展関連イベント」係へ。
または、京都文化博物館ホームページ「特別展イベント申込フォーム」から申込み。
https://www.bunpaku.or.jp/exhi_special/form/



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533