HP内の目次へ・検索もできます!  『世界の巨匠たちが子どもだったころ』

12355号      12361号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12356号 2016年7月30日
『世界の巨匠たちが子どもだったころ』 『世界の巨匠たちが子どもだったころ』

日時:2016年8月11日(木)~9月11日(日)
 10:00─20:00(入館は閉館30分前)

休館日:ジェイアール京都伊勢丹に準ずる。
場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
      ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
      TEL:075-352-1111
入館料:一般800円(600円)高・大学生600円(400円)
     小・中学生400円(200円)
主催:美術館「えき」KYOTO、京都新聞
後援:京都府教育委員会、京都市教育委員会
協力:おかざき世界子ども美術博物館
企画制作:(株)アートワン
モネ、ムンク、ロートレック、ピカソ、岸田劉生、伊東深水、山口華楊、山下清、平山郁夫など誰もが一度は耳にしたことがある美術界の巨匠たち。優れた技術と多彩な感性で多くの名品を残した彼らは、いったい子どもの頃はどのような絵を描いていたのでしょうか?
本展覧会では、1985年に子どものための本格的な美術博物館として開館した、おかざき世界子ども美術博物館(愛知県・岡崎市)が所蔵するコレクションより、世界の有名美術家73人が描いた貴重な作品118点を紹介します。
10代という時代は、豊かな感受性を持つ多感な時期であり、純粋であるがゆえに感情が大きく揺れ動く時期でもあります。この時期に制作された作品は、画家の努力や情熱、絵に対する真っ直ぐな思いが画面にあふれ出ています。描くことに夢中だった小さな巨匠たちが残した、成長の足跡をお楽しみください。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533