HP内の目次へ・検索もできます!  一般財団法人ルネッサ地域文化振興財団 第2回講演会 『近代建築保存活性の現代』 演題:近代建築保存活用の現在 講師:笠原 一人 氏 (京都工芸繊維大学助教)

12343号      12346号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12344号 2016年7月21日
一般財団法人ルネッサ地域文化振興財団 第2回講演会 『近代建築保存活性の現代』 演題:近代建築保存活用の現在 講師:笠原 一人 氏 (京都工芸繊維大学助教)
一般財団法人ルネッサ地域文化振興財団
 第2回講演会
『近代建築保存活性の現代』
演題:近代建築保存活用の現在
講師:笠原 一人 氏 (京都工芸繊維大学助教)

日時:2016年8月4日(木)開場:18:00 開演:18:30

場所:京都大学楽友会館
〒606-8316 京都市左京区吉田二本松町/東山近衛東入ル

参加費:無料

主催:一般財団法人ルネッサ地域文化振興財団
 http://renaissa-culture.jp/
[プログラム]
18:00~  開場
18:30~  開演
20:00~  質疑応答
20:30   終了予定
人々の関心が高まりつつも、経済効率の名のもとに危機に晒されている近代建築。
現在どのような保存活動が行われ、どのような結果となっているのか。
研究者の立場で近代建築保存の最前線に長く携わってきた経験をもとに、全国の保存活用に関わる事例を紹介し、その現在を俯瞰します。
講師:笠原 一人 氏 (京都工芸繊維大学助教)
経歴:1970年神戸市生まれ。1998年京都工芸繊維大学大学院博士課程修了。
2010-11年オランダ・デルフト工科大学客員研究員。専門分野は近代建築史、
建築保存再生論。共著に『関西のモダニズム建築』『村野藤吾の住宅デザイン』ほか。
日本建築学会近畿支部近代建築部会主査。DOCOMOMO Japan幹事。住宅遺産トラスト関西理事。
ご参加申込:
http://renaissa-culture.jp/entry から。 またはメール letianpai_de_qiji@yahoo.co.jp まで。

お問合せ:090-9548-9811(麻殖生(まいお)まで)
一般財団法人ルネッサ地域文化振興財団
http://renaissa-culture.jp/



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533