HP内の目次へ・検索もできます!  特別展 『始皇帝と大兵馬』

12320号      12326号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12325号 2016年7月5日
特別展
『始皇帝と大兵馬』
特別展 『始皇帝と大兵馬』
日時:2016年7月5日(火)~10月2日(日)10:00─17:00
金曜日は19:00まで (入場は閉館の30分前)
休館日:月曜日(ただし、7月18日(月・祝)、9月19日(月・祝)は開館)
場所:国立国際美術館
〒5300005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55 TEL:06-6447-4680
観覧料:一般1,500円(1,300円)大学生1,200円(1,000円)高校生600円(500円)
※( )内は団体は20名以上※中学生以下無料
※心身に障害のある方とその付添者1名無料(証明できるものをご提示願います)。
※本料金で、同時開催の「コレクション2」もご覧いただけます。
主催:国立国際美術館、陝西省文物局、陝西省文物交流中心、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿、朝日新聞社
後援:中国大使館
協賛:野崎印刷紙業、ダイキン工業、竹中工務店
協力:全日本空輸、ダイキン工業現代美術振興財団
紀元前221年、秦しん国の王・?政えいせいは中国大陸を初めて統一し、最初の皇帝「始皇帝」を名乗りました。始皇帝はみずからの巨大な陵墓を造らせ、そのほど近くに約8千体もの陶製の軍団「兵馬俑へいばよう」を埋めさせました。1974年に発見され、今なおつづく兵馬俑の発掘は、始皇帝の知られざる歴史を次々と明らかにし、新しい驚きをもたらしています。
本展は、最新の発掘成果を採り入れながら、始皇帝と秦王朝にまつわる貴重な文物を一堂に集めて紹介するものです。20世紀の考古学で最大の発見と謳われる兵馬俑のなかでも選りすぐりのものを揃えて、絶対権力者にふさわしい圧巻の造形美を示すとともに、始皇帝が地下を含む陵墓一帯に空前の規模で築き上げた「永遠なる世界」の実像に迫ります。
[関連イベント]
記念講演会

演題:「始皇帝陵発掘最前線-地下宮殿と兵馬俑の謎を解く」
講師:来村多加史(阪南大学国際観光学部教授)
※10:00から整理券を配布
※無料(要観覧券)・先着130名
※2016年7月9日(土)13:30─15:00
場所:B1階 講堂

親子向けミニ・レクチャー
兵馬俑にまつわる歴史の話に加え、展覧会を見るにあたって注目すべきポイントをわかりやすく解説します。
お子様はもちろん、大人の方も一緒にお楽しみください。
講師:安來正博(当館主任研究員)
対象:小学生以上
定員:各回先着130名(当日、各回の開始30分前より開場)
※参加無料(ただし、高校生以上は本展の観覧券が必要)
※お子様のみ、大人の方のみでの参加も可能です。
※2016年7月16日(土) 7月19日(火) 8月23日(火) 8月24日(水)
各日とも 11:00─11:30 14:00─14:30

場所:B1階 講堂

ワークショップ
「1万個の紙コップで作ろう! 中国・兵馬俑の世界」
素材は紙コップだけ! 1万個の紙コップを積み上げたり並べたり、自由に兵馬俑や万里の長城など
を作ってみよう!
対象:3歳以上の未就学児(要保護者同伴)、小学生
定員:各回先着子ども20名と同伴の保護者(当日、各回の開始1時間前から整理券配布)
協力:コロコロクラブキッズアートスクール
※無料(ただし、同伴の保護者は本展の観覧券が必要)
※2016年7月17日(日) 14:30─16:30 7月18日(月・祝) 11:00~13:00 14:30~16:30
場所:B1階 講堂

記念講演会
演題:「始皇帝が夢見た『永遠』-兵馬俑と発掘品から読み解く」
講師:川村佳男(九州国立博物館学芸部企画課 主任研究員)
※10:00から整理券を配布
※無料(要観覧券)・先着130名
※2016年9月10日(土)13:30─15:00
場所:B1階 講堂

記念講演会
演題:「親子で探ろう! 兵馬俑のひみつ」
講師:川村佳男(九州国立博物館学芸部企画課 主任研究員)
※10:00から整理券を配布
※無料(要観覧券)・先着130名
※2016年9月10日(土)11:00~12:00
場所:B1階 講堂



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533