HP内の目次へ・検索もできます!  『生誕300年記念 伊藤若冲―京に生きた画家―』

12296号      12306号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12297号 2016年6月23日
『生誕300年記念 伊藤若冲―京に生きた画家―』『生誕300年記念
 伊藤若冲―京に生きた画家―』


日時:2016年6月25日(土)~9月4日(日)
 10:00─18:00(入館17:30)
 前期:6月25日(土)~7月31日(日)
 後期:8月2日(火)~9月4日(日)

休館日:毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)
場所:細見美術館
〒6068342
 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 TEL:075-752-5555
入館料:一般1,200円(1,100円) 学生 1,000円(900円)
※( )内は20名様以上の団体料金
主催:細見美術館、読売テレビ、京都新聞
奇想の画家として知られる伊藤若冲は、江戸時代中頃の正徳6年(1716)に京都・錦小路高倉にあった青物問屋「枡屋」の長男として生まれました。数え年23歳の時、父の死去に伴い家督を相続し四代目を継ぎますが、40歳を機に弟に家督を譲り、絵画制作に没頭します。その個性的な画風は、さまざまな絵師がその腕を競い合っていた都市、京において大きな注目を集め、評判を呼びました。その後若冲は、天明8年(1788)に大火により被災し、一時大坂に身を寄せますが、晩年は深草の黄檗寺院・石峰寺の門前に隠棲、寛政12年(1800)に85歳で亡くなるまで絵画三昧の人生を送りました。
贅沢な材料をふんだんに使い、技を凝らして描かれた精緻かつ大胆なその作品は、観る人を圧倒する「気」に満ちています。また一方で、墨の濃淡や筆勢、紙の特性を活かした水墨画には、ユーモラスな視点や生き物を慈しむ優しい眼差しが感じられます。それまでの日本の絵画にない奇抜なモチーフ、独創的な画面構成や絵画技法を駆使して捜索を行った江戸美術を代表する画家の一人として、若冲は時代や国を超えて見る人に強い印象を与え続けています。
生誕300年を機に行います本展では、若冲が生まれ、生きた京都で開催する展覧会として、細見コレクションの若冲作品のみならず、ゆかりの場所や作品の紹介、弟子らの作品も併せて展示することで、若冲の魅力的な世界をより実感していただける機会となるでしょう。
[イベント]
第37回 アートキューブレクチュアー
『京都の若冲、若冲の京都』

日時:2016年8月6日(土)14:00─
講師:狩野博幸氏(美術史家)
※事前申込制
有料
お問合せ先:細見美術館
〒6068342 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 TEL:075-752-5555



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533