HP内の目次へ・検索もできます!  『大原治雄 写真展』 -ブラジルの光、家族の風景-

12286号      12291号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12290号 2016年6月21日
『大原治雄 写真展』 -ブラジルの光、家族の風景- 『大原治雄 写真展』
-ブラジルの光、家族の風景-

日時:2016年6月18日(土)~7月18日(月祝)
 10:00─18:00(入館17:30)
休館日:月曜日(7月18日は開館)
場所:伊丹市立美術館
〒6640895 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
 TEL:072-772-7447
入館料:一般700(600)円、大高生350(250)円、
 中小生150(100)円 ( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて入場無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の
 高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)
主催:伊丹市立美術館[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]、モレイラ・サーレス財団、駐日ブラジル大使館
共催:伊丹市教育委員会
後援:NHK神戸放送局
企画協力:株式会社コンタクト
ブラジル写真界ではすでに高く評価されており、重要な写真家の一人として位置づけられている大原治雄(1909─1999)。17歳(1927年)で神戸港からブラジルに移住した大原は、南部パラナ州ロンドリーナで農園を経営しながら、アマチュアカメラマンとして写真を撮りつづけました。新天地で広大な農園を切り拓き、家族や仲間たちとの農作業のかたわら、身近な風景を柔らかな光をもって撮影しつづけた写真は、過酷な労働を感じさせることはなく、日常のささやかな喜び、自然の美しさ、そして人間讃歌に満ちています。それは、現代の私たちにとってもどこか懐かしく、新鮮なみずみずしさを感じさせます。
本展は、ブラジル屈指の写真アーカイブス「モレイラ・サーレス財団」の大原コレクションから約180点のモノクローム写真を展示し、日本ではまだ知られていない大原治雄の写真を、関西で初めて大規模にご紹介するものです。ブラジルの大地で生きた日本人写真家・大原治雄という新しい発見に、ぜひお立ち会いください。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533