HP内の目次へ・検索もできます!  大阪市立美術館 開館80周年記念 『デトロイト美術館展』 -太西洋を渡ったヨーロッパの名画たち-

12263号      12265号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12264号 2016年6月5日
大阪市立美術館 開館80周年記念
『デトロイト美術館展』
-太西洋を渡ったヨーロッパの名画たち
-
大阪市立美術館 開館80周年記念 『デトロイト美術館展』 -太西洋を渡ったヨーロッパの名画たち-
日時:2016年7月9日(土)~9月25日(日)9:30─17:00(入館16:30)
休館日:月曜日(ただし、7/18、8/15、9/19は開館)
入館料:一般1,500円(1,300円)、高大生1,000円(800円)
※( )20名以上の団体料金 ペア券:2,400円
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。
※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。
主催:大阪市立美術館、関西テレビ放送、産経新聞社後援外務省、大阪府、大阪市教育委員会、
   サンケイスポーツ、夕刊フジ、サンケイリビング新聞社、ラジオ大阪、テレビ新広島、
   岡山放送助成アメリカ合衆国大使館
協賛:日本写真印刷協力デルタ航空、ヤマトロジスティクス企画制作フジテレビジョン監修千足伸行
   (成城大学名誉教授、広島県立美術館長)
デトロイト美術館(Detroit Institute of Arts,通称DIA)は、アメリカ合衆国ミシガン州・デトロイトに所在し、古 代エジプト美術から現代美術まで65,000点以上の作品を所蔵するアメリカを代表する美術館の一つです。 1885年に開館して以来、自動車業界の有力者らの資金援助を経て世界屈指のコレクションを誇る美術館として成長したデトロイト美術館は、アメリカでゴッホやマティスの作品を初めて購入した公共美術館としても有名であり、今では年間約60万人が訪れています。このデトロイト美術館が存続の危機に陥ったのが、2013年7月のデトロイト市財政破綻でした。市の深刻な財政難により、美術館収蔵品の売却の可能性も取り沙汰されましたが、国内外からの資金援助により収蔵 品は売却されることなく存続しました。危機を乗り越え、今なお美術館のコレクションの中核を成しているのが、モネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、マティス、ピカソなど印象派、ポスト印象派の作家による作品です。
本展では、数々の傑作の中から選りすぐりの、日本初公開15点を含む全52点をご紹介します。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533